Check*padでいこう!

しばらく一部の方にベータテストにご協力いただいていたcheck*padですが、ようやく一般公開(まだベータテスト中ですが)。トップページ右下の「ベータ版新規登録」よりご登録ください。 ・Check*pad http://www.checkpad.jp/ check*padは簡単に言うと「共有ToDoリスト」です。ウェブ上で自分のToDoリストを管理できて、それをお友達と共有することができます。本業以外でゆるいプロジェクトなどをされている方々に活用されているようです。 またクリエイティブな使い方としては「今年みたい映画のリスト」「行ってみたいお店のリスト」などにも使われているようです。 日々のToDo管理や、アイデアリストの管理によろしければ是非ご活用ください。 最初は自分の会社用に作ったものですが、人に見せたら評判が良かったので一般公開とあいなりました。百式みたいにコンテンツを作るのもいいですが、こうしたシステムを作るのも楽しいですね。 設計思想は「美しさは引き算」。余計な機能はほぼ省いてあるか、表示できないように設定できます。使い方はそんなに複雑ではないはずですが、一度ヘルプを見てから使われると良いかと思われます。 ・Check*padのヘルプ http://www.checkpad.jp/help/ それから今回は技術的なことはサイドフィード株式会社の赤松さんにとってもお世話になりました。赤松さんなしでは完成しなかったでしょうね・・・この場を借りて感謝感激です。 ・サイドフィード株式会社 http://www.sidefeed.com/ Check*padの便利な使い方等々はおいおいこのブログでもアップしていきますね。とりあえず一般公開のお知らせ、ということで。

千円シャツの作り方

財布に忍ばせておき、ここぞ!というときに話のネタに使えばモテモテになるであろうアイテムのご紹介。 その名も、 「千円シャツ」 である。 以下のサイトの説明に従うとあら不思議、千円札でかわいらしいシャツを作ることができます。途中ちょこっと説明がはしょられていますが、折鶴の要領でつくればそれほど難しくもないはず。 ・千円シャツの作り方(本当は1ドル札だが) http://members.cox.net/crandall11/money/shirt/ コンパなぞにいかがでしょうか。

スーパーLEGO

トランスフォーマーに並んでLEGOもよくネット上で「すげー」ってものを見つけるのですが、この人はちょっとレベルが違う。うなっちゃいますね。 ・bricklovinfreakboy’s photos そういえばこうして作品をFlickrであげる人も多くなってきましたね。便利だなぁ。

楽器挫折者救済インターフェース

家にはすでに三本のギターが存在している(光るやつも含めて)。しかしなかなか上達しない。というか、練習もできていない。いつかこれに参加してみたいと思っているのだが日々の雑務に追われてなかなか実現できていない。 そうした楽器挫折者のために「楽器やりたい!」を満足させるインターフェースが登場したようだ。 カリフォルニアのさる大学(USC)にて開発されたこの画期的な楽器インターフェースは一つの事実に基づいて設計されている。それは、 「ほとんどの人は楽器はひけなくても車は運転できる」 というものだ。 そう、なんとこの大学では楽譜をドライブゲームに変換するプログラムを開発してしまったのだ。車を運転していけばあら不思議、ベートーベンも彼氏が昔作ってくれた告白ソングもらくらく演奏することができてしまう。 ↑ システム解説図 どうなんだろー、と思わないでもないが、車を運転する感じでいままでできなかった楽器演奏ができるというのはちょっと心が踊る。

一人で住むのは寂しくないですか?

一人はさみしいなぁ。でも彼女/彼氏やルームメイトと一緒に住むのも微妙だよなぁ。 という方のためにSingle-Tapeteが登場だ。 なんというか、アイデア商品ですね。一言で言うと「お友達付き壁紙」である。等身大のお友達がそこでソファにねそべっていたり、パスタを食べていたり音楽を一緒に聞いていてくれたりするのだ。壁紙にそう印刷されているだけだけどね。 微妙といえば微妙だが、せちがらい世の中の裏をついた、ちょっと小粋な商品といえなくもない(でもない?)。 ・Single-Tapete http://www.single-tapete.de/

ベストセラー作家の考え方

たまに百式で紹介したり、イベントにも登場してもらっているミズノンノのウケる日記はかかさずチェックしている。 実際に会っていると「あー、下ネタばっかだな」とげんなりすることしきりだが(ジョーク、ジョーク)、文書を書かせるとすごいものをある。さすがベストセラー作家。 そのミズノンノの日記で妙にウケたというか感動した記事があったのでご紹介。こういう衝動的に紹介したいものをすぐ紹介できるってブログはいいなぁ。 ・「賛否両論」論 http://www.mizunokeiya.com/2005/04/post_201.html 彼の意見はある意味正しいかな、と。相手にメリットのないような批判の仕方をするのは勿体ないと個人的に思います。 ・ネックレス http://www.mizunokeiya.com/2005/05/post_209.html 最後の4行にぐっときた。 ↑ 全然関係ないが、以前見せてもらったミズノンノのスケジュール表。合コン以外ほとんど予定が入っていない。しかも一日のはじまりが午後2時からである・・・。

あなただけのデモムービー

GoogleのAdSenseのデモムービーが新しくなったようなのでご紹介。 素敵なのはあなたのサイトを使ってデモしてくれる点。URLを入れれば、そのサイトを画面に見せながら説明してくれるのだ(日本語はばけちゃうけど)。 ↑ 百式の画面で説明。いいですね。こちらからどうぞ。 これならぐっと感情移入できますね。見ている人に感情移入させるクリエイティブな方法はまだまだありそうですね。

CSSでここまで実現!

先日Six Apart社の上ノ郷谷氏と呑みにいった。彼はHinagataというMovableTypeのテンプレートサイトをつくっているのでCSSにとても詳しい。ふたりでCSSはすごい!と盛り上がったのだが(その後上ノ郷谷氏は2杯目で撃沈)、CSS関連で話題になっているサイトがあったのでこちらでご紹介。 これはCSS+HTML+JavascriptだけでつくったWindowsXPの画面である。IEではうまく見れなくて、Firefoxで見てもらいたいのだが、CSSでここまでできるのだなぁ、と感動すること請け合いだ。 ↑ WindowsXPそっくり・・・すご。実物はこちら。 ちなみにアイコンとかをダブルクリックしても何もならないのだが、(1) アイコンをドラッグできる、(2) スタートメニューが開く、という機能は実装しているようだ。ウェブの表現力もここまで来たか、と思えるので是非試してもらいたい。 ちなみにブラウザ上でOSを表現、というサイトは他にもあって、個人的に昔感動したのがブラウザからMacOSをインストールする次のサイト。最初ちょっと怖い画面が出てくるがあまり気にせずにじっと待っていると昔なつかしのMacOS(Ver.8)の画面が出てくる。こちらはアイコンなどをクリックしても楽しいのでいじり倒してみるといいだろう。 ↑ こちらはむしろIEで。DHTMLですね。実物はこちら。クリックすると怖い画面が出てきますので注意。でも大丈夫ですから。 またもうちょっとシンプルなところでは1bit Mac :-)というサイトもありますね。これはFlashを使ったものですが。こちらもご参考までに。 だからなんだと言われればそれまでですが、クリエイティブな人がいるものだな、と。