【GTDアドベントカレンダー #03】 やるべきことに関して今と昔で違うこと #GTD

Adventcal gtd

GTDアドベントカレンダー3日目。これを意識するかしないかで大きな違いがある、と個人的に思わないでもないですよ。

【身に付けるべき習慣 #03】
「やるべきこと」に関して昔と今で違うのは「仕事の終わりがあいまいになりつつある」ということ。何をどうしたら「終わり」になるのかを定義しない限り、それはあなたの頭に残り続ける(そして日々の小さなストレスになる)。

箇条書きで解説。

  • 昔と今で違うのは「仕事の終わりがあいまいになった」こと。
  • 知的な労働はやろうと思えばいつまででもやれる。
  • 自分で「終わり」を定義しない限り、「やりかけの仕事」が頭を占領するようになる。
  • そうなるとふとしたときに「あぁ、そういえばあれが片付いていない!」となってしまい、日々のストレスになってしまう。

以下、自分で実践していること。

  • タスクリストに書くタスクは「実際の作業が具体的に想像できるように」書く。
  • 作業が具体的に想像できたかどうかの基準は「見積もり時間が思い浮かぶかどうか?」で判断するといい。
  • というわけで迷った時は「time tagging」テクニックもよく使います。

time taggingテクニックはこちら。便利すよ。

» あなたのTo Doリストをぐっと改善してくれる「time taggin」のすすめ | IDEA*IDEA

GTD本の紹介、リストにした。

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *