【PR】 株式会社ハートレースタジオCTOの中丸さんに、iOS開発について聞いてきた #dotinstall

このエントリーは「僕にiOSアプリ開発を教えてくれるかわりにこのブログとドットインストールでPRしませんか?」企画によるPR記事です。

さて今回は株式会社ハートレースタジオのCTO、中丸さんにiOS開発について聞いてきました。同社ではiOS/Androidのネイティブアプリ開発を主に手がけています。

ちなみに社長の横江さんはなんとドットインストールがきっかけで起業した、という素晴らしい経歴の持ち主です笑。

Heartlay 1

↑ iOS開発についていろいろ説明してくれる中丸さん(左)と横江さん(右)。

横江さんの略歴。

  • 在学中に授業でJavaを習うことに(なぜか会計の授業で)。
  • 「ちょっと勉強しましたが、まったくわかりませんでした苦笑」と横江さん。
  • プログラミングを勉強せねば、ということで検索してみたら、ドットインストールに辿り着く。
  • そこからレッスン動画を見ていったら「あれ、プログラミングっておもしろいんじゃない?!」と気付く。
  • 大学より面白くなってしまって休学w、友達とアプリ制作で起業することに。
  • 「得意なのはレコメンデーションや画像認識といった技術寄りのtoCサービス開発ですが、わりとなんでも作れます!」とのこと。

ひょっとしたらドットインストール社よりうまくいっているのでは・・・と勘ぐっているわけですが(震え声)、平均年齢24歳の若いスタートアップで実に勢いがあるようですよ。

■ 初学者は学習スピードを優先すると良いのでは?

さて今回もiOSアプリ開発についていろいろ聞いてきたのですが、印象的だったのは「難しい概念がたくさん出てきますが、初学者は学習スピードを優先させるべきではないでしょうか?」という中丸さんの言。

「iOSは奥が深いので、気になって調べ始めると元に戻れなくなることも…。最初はわりきって難しい概念はそのままにしつつ、ある程度慣れた頃に再度勉強するというやり方の方が速いかと思います。」

…といったことを前提にしたQ&Aは以下のとおり。

Q. delegateについて説明してください。
A. delegateについては、(1) iOSが用意してくれている仕組みを使う、(2) 自分でdelegateの仕組みを作る、のどちらかですが、初学者のうちは(1)だけだと思います。この段階では委譲とか難しいことは考えずに、パターンとして「そういうものなのね」というだけでいいかと思います。よく使うのはTableViewを始めとして、何パターンかしかありませんから。

Q. strongとweakの使い分けは?
A. 全部strongで、いくつかweakにすべきところを覚えればいいかと思いますが、最悪の場合、全部strongにしていてもそれほど困ることはありません(勉強用アプリという意味では)。

Q. 全部strongにすると何が起こる?
A. メモリが圧迫されてだんだん動作が遅くなります。これは画面の遷移を何回も行えば発生することが多いです。これが起きたときだけweakにすべきところがないか調査すればいいでしょう。また余談ですが、急にアプリが落ちるときは例外処理がきちんと書かれていないことが多いので、処理の書き漏れがないか気をつけてみてください。

Q. ストーリーボードは使っていますか?
A. 早く慣れた方がいいです。

Q. CocoaPodsは使っていますか?
A. ちょっと慣れてくるとやりたくなることはネットワーク通信とデータの永続化の2つです。ネットからデータをダウンロードしてきてそれを保存するという流れですね。ここはiOSの通信ライブラリとCoreDataを使うのですが、どちらもはまります。それらを解決するにはAFNetworkingMagicalRecordがあるので、それを使えばいいと思います。特にCoreDataは難解なので、最初からMagicalRecordを使う、というのも手です。

Q. その他、使っているサイトは?
A. 画面上のさまざまな動き(アニメーションなど)を実現するためのライブラリを探すのに「Cocoa Controls」はよく使います。

Q. plist、UserDefaults、CoreDataはどういう使い分けをしていますか?
A. plistは開発側が決めた設定項目、UserDefaultsは「チュートリアルを表示したか?」などの真偽値フラグ、オブジェクト類はすべてCoreDataで扱っています。

Q. おすすめの書籍はありますか?
A. 初学者向けではないですが「Dynamic Objective-C」は内部的な動きを解説していて良かったです。やはり知っているとデバッグがしやすいので…。

■ デザイナーとサーバーエンジニア(Python)募集中!

そのあとも会話の流れでiOSからサーバーサイドの話、PaaSはどこがいいとか、やっぱりPythonがわかりやすいだとかの話で盛り上がりました。詳しい人に聞くとやはり勉強になりますね…。

さて、株式会社ハートレースタジオでは現在、デザイナーとサーバーエンジニア(Python)を募集中とのことです。中丸さんはじめ、濃い話が好きなメンバーっぽいので、がっつり技術にはまってみたい方はいかがでしょうかね。ご興味のある方は是非問い合わせてみてください!

Heartlay 2

ハートレースタジオサイトの「お問い合わせ」からどうぞ。

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *