ネガティブ思考を追い払うための「輪ゴムメソッド」とは?!

rubber

これ、昔からよく聞きますが、実際にやったことないな・・・。やってみて効果があった人いますかね?

今度悩んでいる人がいたらアドバイスしてあげたいのでメモ的にエントリーしておきますよ。

えーと、あれです。ネガティブ思考を追い払うための簡単な手法ですよ。やり方は簡単。

手首に輪ゴムをはめておいて、ネガティブな思考が浮かんできたらパチンとはじくだけ。

つまりパブロフの犬よろしく、「ネガティブ思考をしたら手首が痛くなる!」という刺激を身体に与え続けるというものです。

これを続けていると「ネガティブなことを考えるのが嫌になるという習慣」を身につけることができるらしいです。

ちょっとサド的なのが気になりますがw、輪ゴムだけでできるし、よく聞くメソッドなので、試してみる価値アリかもですね(効果には個人差がありそうですが)。

ちなみに以下の記事でこのメソッドを思い出しましたよ。他にもよく使われるライフハックというか自己啓発というかの手法があるのでご興味のある方はどうぞ。

» 50 Life Secrets and Tips | High Existence

Pocket

SPONSORED LINK

5 Comments

  1. 和田裕美さんが良く話している方法ですね!
    試しましたが、続きませんでした・・・輪ゴムが締まって嫌なんですよね。
    慣れなんでしょうが・・・。

  2. Pingback: シュシュ

  3. ブコメでも指摘されてますが、完全に裏目に出そうですね、これ。
    『失敗心理』の補強効果をしたところで、行き着く先は『リストカット』でしょう。

    「失敗した時に叱るより、うまくいった時に褒める」のが子育ての基本でもある、とは聞きます。
    ならば、「ネガティブ思考」を追い払うには、ネガティブ思考に陥りそうになった時、そういう内向きの思考すらできないような行動を実行したほうが、より簡単で“後遺症”も無いと思うのですが…。

  4. これはリストカット常習者の人に診療内科の先生がすすめる方法と
    同じですね、自傷行為に走りそうになったら思い切りゴムをはじく。
    強くやれば痛みもそこそこで腫れるものの痕は残らないらしいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *