【書評】 東京ディール協奏曲

deal

友達に勧められて読んでみたらふむふむと面白かったので軽くご紹介。

基本的には企業買収をめぐるエンターテイメント小説ですね。デューデリ、サウンディング、オークションなどの金融用語満載で現場感が伝わってきて勉強になりますよ。

また登場人物がいい感じにエッジがたっているのでついつい引き込まれるように読んじゃいましたね。軽妙なテンポで話が進む、という表現がぴったりかな。最後にはスカッとした爽快感も味わえるので「うーん、何かいいことないかな!」という人にもおすすめかと。

多少リーマン・ショック前っぽい表現や、事件っぽい演出があったりもしますが、エンターテイメントと割りきって楽しむのが良いのではないでしょうかね。

金融業界の現場ってなかなか外から見てわからなかったりしますよね。今は状況がちょいと変わってきてはいますが、こういう業界ではこういうことが起こりうるのだな、という知識を仕入れることができる、という意味でおすすめしておきますよ。

4087804720

» 東京ディール協奏曲 (単行本)

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *