スクールバスに乗り遅れた6歳の少年が母親の車で学校へ向かう

drive

これはすごい。

  • バージニア州の6歳の少年がスクールバスに乗り遅れる。
  • おもむろに母親の車を運転して学校に向かう。母親は爆睡中。なお、車はFord Taurus。
  • 10km近くをそのまま運転。ちゃんと道を曲がったり、追い越したりしたらしい。
  • 学校まであとちょっとというところで堤防につっこみ停止。
  • それでも学校に行かなくちゃ、ということで徒歩で学校に向かおうとする。しかし警察に保護される。
  • 警察には「車の運転はゲームで習った」と供述。

解釈が難しいニュースではありますが、「子供だから車は運転できないはず」という先入観は捨てたほうが良さそうですね・・・。

学校にどうしても行きたかったという少年はほめたいところですが、いろいろと気をつけたいところです。

» 6-year-old takes family car after missing bus – Nation AP – MiamiHerald.com

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *