『はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)』が現時点での入門書決定版ではないだろうか

まずは献本御礼…。今回いただいた『はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)』ですが、かなり良かったです。

↑ 最初の一冊にすごく良いですよ!

– ストーリーがリアル(小学生が作りそうなゲームを題材にしています)
– 解説がリアル(マンガによるストーリー→解説、の流れなのですが、解説が丁寧かつよくわかっている方が書いているなぁ、という安心感があります)
– 読んでいて楽しい(笑いどころも押さえつつ、成長物語として王道をいっていてワクワクします)
– セキュリティや権利関係にもきちんと触れている(掲示板での投稿で注意すること、ログアウトすること、著作権に気をつけること、など)
– なにより最後に「プログラミング楽しそう!」となる

他にも入門書はありますが、「最初の一冊」に今のところもっともふさわしいのではないでしょうか…。

↑ マンガとしてもクオリティ高いですね。

阿部先生が監修されているので安心感あります。

今度ちびっこに会ったら渡して反応を見てみたいところ…。

はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)
橋爪 香織 たきりょうこ
学研プラス
売り上げランキング: 4,052
Pocket

SPONSORED LINK