Googleが出してきたFont APIのすごさを体感したいなら…『Font Previewer』

GoogleからいろいろなAPIが出てきましたね…。位置情報Storageもすごいですが、Font APIなるものが特に話題のようですね。

このAPI、Google経由でいろいろなフォントが使えちゃう、という優れものです。まだフォントの数は少ないですが、近い将来日本語のフォントも出てくるのではないでしょうかね…。

で、このAPIで何ができるのか体感したいならFont Previewerがおすすめです。さまざまな設定を変えればリアルタイムでどのようにテキストが見えるか教えてくれます。

font_1

↑ フォントやスタイルを選びます。

font_2

↑ ほーら、この通り。

今までローカルPCに依存していたフォントもクラウド化、ですかね。CSSの進化も著しいし、ウェブの表現力はぐっと進んでいくのでしょうね…。

Font Previewerで遊んでみたい方はこちらからどうぞ。

» Font Preview – Google Font Directory

ちなみにFont APIを使う手順についてはこちらが詳しいです。基本的にGoogle上のJSを読みこんでCSSで指定するだけ、という簡単さです。

» Getting Started – Google Font API – Google Code

Pocket

SPONSORED LINK

2 Comments

  1. Pingback: 犬にactionscript

  2. Pingback: SEO対策エクスパッション » Google Font API

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *