未来の自分を編集する(映画:ファイナル・カット)

SPONSORED LINK

Pocket

ファイナル カット を視聴 | Hulu

Huluにて「ファイナル・カット」を見ました。ロビン・ウィリアムズ主演の2004年の作品です。

「ときは近未来。生まれた時にチップを体内に埋め込み、一生のライフログを記録するのが流行。死後にはその人生を振り返る映像を上映することが通例に」という(突っ込みどころ満載の)設定です。

そしてその上映会のために故人の映像を編集するのが「カッター(編集者)」という職業。

ロビン・ウィリアムズ演じるそのカッターのまわりではさまざまなドラマが・・・という映画ですね。ラストそれでいいの?という気がしないでもないですが、個人的には楽しめました。ちと全体的に暗いですが、怖い映画でもないので安心して見ることができます。

↑ 英語だけど予告編。3分弱の映像です。

ちなみにHuluはこちらから。

» ファイナル・カット を視聴 | Hulu

■ 未来の自分?

以下、余談。

この映画を見ていると「こんなトンデモ設定とかありえんだろ?」と最初は思っていたのですが、よくよく考えたらわりと近いことが現実に起こっているのではないかな、と考え始めました。

たまにツイッターなどを見ていると数分単位でつぶやいている人とかいたりしますが、それは未来の技術を使えば「その人の人生を再構築」できちゃうレベルのライフログなのでは、と思わないでもないです。

よく雑談なんかで「100年後の未来を考えると、検索技術は相当進化しているはず。みんな今、何をネットにアップすべきか気を使ったほうがいいよ。先祖いじりとか絶対はやるって」と言っていたりします(「お前のおじいちゃん、こんなことつぶやいてたのかよ」とか)。

バカッターに代表される「今の自分を台無しにする」行為は最近わりと注目されていますが、さらにその未来を考えてみるべきでは・・・と思わないでもないです。

「そんなこと気にしながらネットとかできん」というのも一意見ですが、将来何が起きても恥ずかしくないようなことだけをネットにはあげるべきだと個人的には思うのですよね・・・(ネットにあがった情報は削除不可能です)。

ブログを書くときには「100年後に読まれても恥ずかしくない文章を」と思っていますし(言い過ぎか)、不用意なツイートはなるべくしない、Facebookも友達限定など微塵も信じることなく(友達限定の投稿をシェアされる悲しさw)単にビジネスアイデア投稿の場としています。

未来の自分を編集できるのは今しかない、と思うのですがどうですかね。そんなことをこの映画を見ながら考えちゃったので機会があったら是非見てみてくださいな。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.