今週読んだ本『空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?ドローンを制する者は、世界を制す』

Pocket

まずは献本御礼。世界を飛び回る高城さんがドローン業界について書いた本です。ドローンの三大企業である3Dロボティクス、DJI、パロットにインタビューしていて興味深い。

ドローンが世界をどう変えるのか、そしてアメリカ vs. 中国的な戦いはどうなるのか、など読み応えたっぷりでした。日本もドローンやらないといかんですよね。

さて来週は何を読むべきか。

【今週読んだ本】 これからの世界をつくる仲間たちへ

Pocket

今週は研究者&メディアアーティストの落合さんの本を。

インターネット、AI、VRなどのテクノロジーが発達した時に人はどう生きるべきか?という本ですね。「あなたは魔法をかける側になりますが、かけられる側になりますか?」という問いには確かに・・・と納得してしまいました。

これからの仕事とかキャリアとかを考えるヒントをたくさんいただきました。個人的におすすめです。

さて来週は何を読もうかなー。

ドットインストールに『Three.js入門 (全23回)』を追加しました #dotinstall

Pocket

今週は「Three.js入門 (全23回)」を再収録しました。ブラウザ上で3Dグラフィックスを描画するためのライブラリですね。

screen_1

↑ 3D表現をするための標準的なライブラリです。

screen_2

↑ 3D空間に部品などを配置していきます。

わりと頻繁にバージョンアップされているので旧版の内容を更新しつつ、テクスチャの貼り付け方法やパーティクルの表現、ピッキング処理まで取り上げてみました。なお、中上級者向けの内容となりますのでプレミアム動画とさせていただきました(旧版も2016年4月25日 14:00にプレミアム動画になります)。

全23回にまとめてみましたのでご興味がある方は是非ご覧ください。なお01-05まではサンプルとして無料公開中です。

» Three.js入門 (全23回) – プログラミングならドットインストール

それから今回のレッスン作成にあたっては@P5Aholicさんにいろいろアドバイスいただきました!(先日関西にいったときにお会いして現在リモートアルバイトとして一緒にコンテンツを作成してもらっています)。彼のポートフォリオではThree.jsのすごい作品が公開されているので(かなりレベル高いですが)こちらも是非ご覧ください。

» Generative Art Gallery

今週読んだ本『幸せになる勇気』

Pocket

アドラー心理学の「嫌われる勇気」の続編ですね。「嫌われる勇気」も読んだのですが、こちらはより実践的なのかもしれません。つまるところは人とどう接しつつ、自分がどう幸せになるか、という話しではありますが(もうちょっと先があるけど)。

アドラー心理学とか教育とかに興味がある人はいかがでしょうかね。個人的にはとても良い本でした。

さーて来週は何を読もうかな。

今週読んだ本『三軒茶屋星座館 春のカリスト』

Pocket

まずは献本御礼。三軒茶屋にある星座館を舞台にした小説の第三弾ですね。毎回「ヒキ」がうまいので次回作を楽しみにしていたのですが、今回もいろいろ盛りだくさんで実に楽しめました。

星座のトリビアというか物語をちょー現代風に教えてくれるので話のネタにもいいですね。ただ登場人物のキャラが立っているのでやはり第一弾から読むことをおすすめします。

それにしても次が最終巻、そして最後の「ヒキ」がやはり気になりますな・・・。

さーて次は何を読もうかな・・・。

今週読んだ本「七つの会議」「青天の霹靂」

Pocket

今週は2冊。

「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」などの池井戸潤さんが書かれた「七つの会議」は、企業内での許されない行為が徐々に暴かれていく…、といういつもながらのストーリーですね。最近この方の作品をよく読みますが、「登場人物のキャラが立っている」「正しい人が最後は勝つ、という痛快感」がセットになっていて気持ちいいですね。

B00RF92NXQ
七つの会議
池井戸潤 日本経済新聞出版社

次は劇団ひとりさんの晴天の霹靂。いつもながら伏線はりまくりで「あー、にゃるほど」的な展開が良かったです。短編なのでさらりと読めました。

B00EOJCTBG
青天の霹靂
劇団ひとり 幻冬舎

さて今週は何を読むべきか。

今年のエイプリルフールは『Ada入門 (全23回)』を追加しました #dotinstall

Pocket

毎年、エイプリルフールは古(いにしえ)の言語を取り上げることにしているのですが苦笑、今年は「Ada入門」を作ってみました。

1980年代から米国の国防総省が中心となって作っているプログラミング言語ですね。「Ada」は世界初のプログラマーと言われているエイダさんの名前からとっているようです(出典: Wikipedia)。今でも戦闘機のプログラムなどに使われているのだとか(かっこいいな)。

screen_1

↑ 右側の女性がエイダさん。

screen_2

↑ コンパイラはフリーのGNATを使っています。

ちょっと古い言語なので資料集めに苦労しましたが涙、基本的な文法からオブジェクト指向、ジェネリクスまで解説してみました笑。全23回になってしまって「誰得?」と思わないでもないですがよろしければ是非どうぞ。

» Ada入門 (全23回) – プログラミングならドットインストール

今週読んだ本「ふたり」

Pocket

今週は唐沢 寿明さんの自伝、「ふたり」を読了。

TVでは知っていましたが、イメージと全然違う人生を歩んでこられたのだな、と軽く驚きつつ読みました。

芸能界の厳しさと、役者という職業の特殊性の一部を追体験できた感じですね…。ご結婚された山口さんのエピソードもありましたが、こちらもTVでのイメージと違っていましたね。今更だけど俳優とか女優ってすごいな。

4877286217
ふたり (幻冬舎文庫)
唐沢 寿明 幻冬舎

さて来週は何を読もうかな…。

今週は『JavaScriptでインタラクティブアートを作ろう (全11回)』を追加しました #dotinstall

Pocket

今週は『HTML5でインタラクティブアートを作ろう』を再収録して『JavaScriptでインタラクティブアートを作ろう (全11回)』を追加しました。

アート的かと言われるとまだまだなのですが汗、JavaScriptの高度なトピック(bindやprototypeなど)について説明してみました。

screen_1

↑ ボールが跳ねまわる作品を作っていきます。

screen_2

↑ HTML5のCanvasを使って描画していきます。

中上級者向けの内容を含むのでプレミアム動画となりますが、01-03までは無料公開していますのでよろしければ是非ご覧ください。

» JavaScriptでインタラクティブアートを作ろう (全11回) – プログラミングならドットインストール

今週読んだ本『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

Pocket

久しぶりの春樹村上さん。

いつもどおりで楽しめました。文章から感じるなんだか異質な空気と、日常に潜む不思議体験でふわふわしながら読み進めることができました。「む・・・あれはどうなったの・・・?」という伏線の投げっぱなしスープレックス感も相変わらずでむしろ心地よかったです笑。

ストーリーはいちおうありますが、やはり文章と空気感を楽しむ作品かと思います。いい意味でChange of Paceできました。

さて次は何を読むべきか。