空港コードの由来を綺麗な写真を見ながら学べる『Airport Codes』

Pocket

Airport Codes

マニアックではあるが、空港コードの由来を綺麗な写真とともに紹介してくれるサイトをご紹介。すべての空港ではないですが。

ほとんどの空港コードはだいたい地名の略ですが、LAXの由来とか「へー」的なものがあって勉強になりますな。あと写真きれいだし。

Airport Codes 1

↑ そうなんだ・・・ほう。

空港好きな方はのぞいてみてもいいですね。

» Airport Codes

ドットインストールの『CSS3入門 (全18回)』を再収録しました #dotinstall

Pocket

今週のドットインストールは「CSS3入門」を再収録しました。前回作成時に比べ、ブラウザの対応状況もだいぶ良くなってきたのでよく使うプロパティを中心にまとめてみました。

Screen 1

↑ 色の指定でhslaが使えるのは便利ですよね。

Screen 2

↑ いまどきのサイトだとbackground-sizeは必須かと。

仕様策定中といえどもCSS3はすでに必修のスキルですよね。最新の仕様などを確認しつつ、全18回にまとめてみましたのでよろしければ是非どうぞ。

» CSS3入門 (全18回) – プログラミングならドットインストール

Facebook広告について体系的に学べる公式学習サイト『Facebook Blueprint』

Pocket

Facebookが公式に学習サイトを出してきましたね。Facebook広告について体系的に学べます。

Blueprint  Catalog Home

↑ 用語解説からツールの使い方まで丁寧に学べます。

A B Testing

↑ ちなみに動画かと思ったら普通にテキストでした(動画もどこかにあるかもですが)。

学習しているうちに自然にツールに誘導されていくのがうまいな、と。どちらにしろ公式のコンテンツというのが強いですよね。ご興味がある方は是非どうぞ。

» Facebook Blueprint: Training Modules for advertising on Facebook

『フォントのふしぎ』を読んだらフォントを見る目が変わってしまった

Pocket

2015 03 25 00 35 14

なんとなく積ん読になっていた「フォントのふしぎ」を読了。マニアックなテーマではありつつも、個人的にはかーなり面白かったです。なんというか、プロの講演を聞きに行って「あ、今日は当たりだ!」と思ってしまったような達成感がありました。

著者は日本でタイポグラフィやカリグラフィを学んだのちに世界的なコンテストでグランプリを2度受賞、そのあとにドイツに渡り欧文フォントのディレクターをされているというプロ中のプロの方ですね・・・(この世界では有名な人なのかな・・・?)。

とはいっても堅苦しい本ではなくて、さらっと読める欧州旅行記的な文体で、綺麗な写真も多いのでカフェでゆるりと読むのに最適です(実際、カフェで読んだ)。

しかし読みやすい文体でありつつも、かなりマニアックなフォント豆知識を仕入れることができて大変満足しました。有名なあのロゴはこのフォントだったのか、そしてこのフォントにはこういう歴史があったのか、などなどが紹介されています。

また後半には「フォントのXは実は交差していない」とか「ハイフンとダージはこう違う」、「合字って何?」といったことなどが紹介されていて、なにげなく使っているフォントにはこんな苦労があったのか!となるかと思います(多分)。

何かを知ることによってモノの見え方が違ってくる、というのが知識を得ることの醍醐味かと思いますが、個人的には普段見るフォントの見方がだいぶ変わりそうで、大げさにいうと人生変わった感ありますよ(言い過ぎか笑)。

フォントにかかわらない人もいないかと思うので、日常の豆知識としてもおすすめです。よろしければ是非どうぞ。

あと勢いあまってこちらも購入・・・。楽しみ。

続編のこちらも良さそう・・・上の本読んでから決めよう、そうしよう。

4568503647
欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)
小林 章,監修=嘉瑞工房,嘉瑞工房,嘉瑞工房 美術出版社

愛知県長久手市の吉田一平(68)市長がすごい

Pocket

日経新聞の記事で会員限定ではありますがとても読み応えがありました。なにこれ、すごい。

これを読むためだけに会員登録(無料)してもいいかも。ひさびさになんか新聞(の取材力)ってすごい!って思った。

» 住みやすい町、日本一 「究極の地方創生」はこれだ!  :日本経済新聞

愛知県長久手市の吉田一平市長がしかけるまちづくりなのですが、「あえて時間をかける」ことで人と人と、そして自然とのつながりを取り戻そうとしています。

もちろん賛否両論あるところもあるだろうし、いろいろ問題もありそうですが、ファクトベースだけ追っていっても実に参考になる点が多いのでは・・・。

吉田一平 よしだいっぺい 公式ウェブサイト 1

» 吉田一平(よしだいっぺい)公式ウェブサイト

読んでいて気になった箇所をいくつかメモ。

  • 市長の吉田さんがすごい。
  • 地方再生→中央政府からのカネ→単年度主義の役所は予算消化に走る→コンサルタント登場→どこも同じ施策。それではいけない。時間をかけて住民が解決策を図らねば、と逆の方向に。
  • 時間があるときは市役所の横に粗大ごみになっていた机を出して市民の声を聞く。
  • 職員にも遠回りの路をすすめる。「うまくやるな、できれば失敗しろ」。
  • たつせがある課。住民がやることを話し合って予算をつけていく。若者がいないので若手職員が友達をひっぱりこむ。
  • 「愛知たいよう幼稚園」をつくる。イベントも授業も何もない。ただ屋外で遊びまわるだけ。暖房もない。寒くなって小さい子が泣くと年長の子が薪を切って暖をとってくれる。
  • 幼稚園のよこに古民家を残した。するとお年寄りが集まってだべりだす。子どもたちの監査役になってくれる。
  • 老人ホームも作った。綺麗な施設に違和感をもった市長はわざと汚い施設を作る。施設内にはかまどもつくった。若者が使えない。老人が尊敬を集める。
  • 老人ホームと幼稚園は行き来が自由。雨が降ると子どもたちが施設に入って時間を過ごす。
  • 市内のあちこちに小さな施設を作っている。ぼちぼち長屋、という共同住宅では一階に要介護の老人、二階にOL/家族が済む。OLは老人と触れ合うことを条件に家賃の半額が補助される。

このあたりの詳細はホームページに詳しいので是非読んでみてください。

» 一平さんものがたり | 吉田一平(よしだいっぺい)公式ウェブサイト

この市の取り組み、本になってくれないですかねぇ・・・。もっと知りたい。

ドットインストールの『CSS入門 (全22回) 』を再収録しました #dotinstall

Pocket

先週のHTML入門に続き、CSS入門も再収録しました。

今回はCSS2.1の範囲だけですが、旧作で問題があったセレクタの詳細度について修正したり、line-heightとvertical-alignの説明なども加えたりしたのでよろしければ是非どうぞ。

Screen 1

↑ 最近はIE6を気にする必要がほとんどないので嬉しい限り・・・。

Screen 2

↑ vertical-align、わりとわかりづらいですよね。

なお、CSS3およびfloatを使ったレイアウトの詳細については別レッスンにする予定です。というわけでCSSの基本をまず抑えてみたい方は是非どうぞ。

» CSS入門 (全22回) – プログラミングならドットインストール

Facebookメッセンジャーで送金できるようになりますね

Pocket

昔から噂されていましたが、Facebookメッセンジャーで遂に送金できるようになるっぽいですね。

NewImage

↑ めちゃ便利ですな・・・。

↑ 紹介映像。

なお、送金手数料は無料っぽいですね。受取はデビットカードの登録で済むようです。

最初は米国オンリーですが、日本でも始まりそうですよね。最近はメッセンジャーで通話なんかもしちゃうのでどんどん囲い込まれていくような・・・。

» Send Money to Friends in Messenger | Facebook Newsroom

ドットインストールの『法人向けライセンス』に導入実績セクションを作りました #dotinstall

Pocket

法人向けライセンス  プログラミングならドットインストール 2

企業内研修やインターンシップでドットインストールの法人向けライセンスをご利用いただいている企業様が増えてきたので「導入実績」セクションを作りました。

法人向けライセンス  プログラミングならドットインストール 3

↑ ロゴの掲載許可が間に合わなかった企業様もいらっしゃいますが、大手ITベンチャーをはじめ、多数の企業様にご利用いただいております。

■ 導入実績一覧(順不同、一部のみ)

株式会社ドワンゴ / 株式会社サイバーエージェント / グリー株式会社 / 株式会社VOYAGE GROUP / 株式会社リブセンス / バリューコマース株式会社 / コニカミノルタ株式会社 / 株式会社エス・エム・エス / ソネット・メディア・ネットワークス株式会社 他、多数の企業様。

■ 採用のポイント

特に現在研修シーズンということもあり、何社かヒアリングさせていただきましたが、採用にあたっては以下のような声をいただき嬉しい限りです。

  • 何社か検討してみたが、コンテンツが豊富かつ比較的モダンな技術を使っているため採用した(Android Studioを使っているなど)。
  • インターンの学生など、すきま時間に勉強してもらうことを考えるとコンテンツの尺が3分と短く、学びやすい点を評価した。
  • 文字起こしやソースコード、倍速再生など、細かい機能ではあるが、効率的に学習するための仕組みがうまくできていた点を評価した。
  • コンテンツが体系的で、ステップアップしながら学習しやすい内容だった点を評価した。
  • 法人向けライセンスの体系がわかりやすく導入しやすかった。
  • 従来まで導入していたe-Learningのコンテンツに比べ、費用が格段に安かった。

昨今は非エンジニアであっても基礎知識としてプログラミングの「仕組み」を知っておくことは企画や営業をしていく上で大事かと思います。

HTML/CSS/JavaScriptを始め、Android/iPhone、サーバーサイドのRuby/PHPまで取り揃えておりますのでよろしければご検討いただければと思います。法人向けライセンスの詳細については以下をご覧ください。

» 法人向けライセンス – プログラミングならドットインストール

■ うちの会社は法人向けライセンスを適用しているの?

ときどきユーザー様からお問い合わせをいただきますが、法人向けライセンスが適用されているかどうかはロゴの右下に「BUSINESS」があるかどうかでわかります。

9cc854a43e6c7c7066a7e8bc0c0e8071 1

↑ ロゴの右下に「BUSINESS」と出ます。

研修やインターン、OJT、社内勉強会で使われているにもかかわらずBUSINESSと出ていない場合は、法人向けライセンスを適用しておりませんので企業内の研修担当者の方にお伝えいただければと思います。

その他、ご不明な点がございましたら「お問い合わせページ」よりお問い合わせください。

» 法人向けライセンス – プログラミングならドットインストール

【書評】 製品をアップグレードするな、ユーザーをアップグレードせよ!(BADASS by Kathy Sierra)

Pocket

2015 03 17 08 05 26

昔からファンだったKathy Sierraの新刊が出たので前のめりに購入。まだ英語版しかありませんがKindleで読めますよ。かなり良かった。

Kathy Sierraといえば、古くは奇跡的にわかりやすい!と評判の「Head First Java」に始まる「Head Firstシリーズ」を作り上げ、「Creating Passionate Users」という実に本質的なテーマを扱うブログを書いていた人ですね(Javaコミュニティで有名な方でもあります)。

ただ、だいぶ前から「荒らし」的な人に悩まされていて心配していたのですが・・・今回の本はちゃんと出たので一安心なのですかね・・・(そうでもなさそうな)。

さて「BADASS: Making Users Awesome」ですが、昔から彼女が主張している「製品をアップグレードするな、ユーザーをアップグレードせよ!」をより詳しく説明した本になっています。

2015 03 17 08 06 38

↑ Head Firstシリーズ同様、奇跡的にわかりやすいビジネス書になっています。なんというか絵本に近い。

分量も多くないし、図解も多いし、主張も明快なので一気に読み切ってしまいました。

ざっと自分なりに理解したポイントは以下のとおり。

■ 「このアプリすごい!」は嘘である

ユーザーが「このアプリすごい!」といっているとき、真に意味しているのは「これ使いこなせてる私がすごい!ねぇねぇ、すごくない!」である、という彼女の主張はとても正しいと思います。

■ 彼ら/彼女らがだまることはない

私すごい!という人は黙ることを知りません。ただストレートな自慢をするわけにはいかないのでオブラードに包んで「このアプリすごいんだよね」と言い続けることになります。

■ すごいユーザーになってもらうには?

製品をアップグレードするのではなくて、ユーザーをアップグレードする、という発想に立ち戻ると、どういうマーケティングをすればいいのか、どういうユーザーコミュニティを作るといいのか、などがわかってくるはずでは?

個人的には(細かいですが)「ユーザーに専門用語を使わせる」という主張にも納得しちゃいました苦笑。専門用語ばかりの会話は知らない人には苦痛ではありますが、その専門用語が分かる人同士で話すときにはテンションあがりますよねw。

2015 03 17 08 06 54

↑ 文中の吹き出しは「読者からのツッコミ」を代弁していてすごくわかりやすいです。

Oreilly Mediaから出ているのでそのうち和訳されるかとは思いますが、サービス設計などに悩んでいる人は一足先に読んでみるのもいいかと思いますよ。個人的におすすめ。それにしてもネットの荒らし、なんとかなりませんかねぇ・・・。

B00TQYP24U
Badass: Making Users Awesome
Kathy Sierra O’Reilly Media

SXSWで展開されたTinderを使ったプロモーションがスマート・・・かな?

Pocket

SXSWが盛り上がっているようですが、Tinderを使ったプロモーションが展開されているようですね。なかなかうまい。

NewImage

↑ Avaさん、25才。

この子を見つけて「LIKE」すると向こうからも「LIKE」されてチャットが始まり・・・「わたしのことはこのInstagramで判断してね!」と言われます。

それでもってそのサイトに飛ぶとSF映画の宣伝に飛ばされて、なんとその女の子はこの映画に出てくるAIだった、というね・・・。

確かにSpamとも取れますが、AIがやってるならまぁギリギリ嘘じゃない、というセンスが素敵です(でもない?)。いろいろなことを考える人がいますねぇ。

» Tinder Users at SXSW Are Falling for This Woman, but She’s Not What She Appears | Adweek