【買ってよかった】 ランニングが楽しくなる『GARMIN ForeAthlete15J』を遂に購入

Pocket

Garminの新商品を狙っていたのですが、遂に購入。ちとお高いですが(1万8千円ほど)、ランニングが楽しくなるのでおすすめですよ!

2014 08 29 18 37 23

↑ めずらしく予約注文した。

2014 08 29 18 39 43

↑ 付属品など。

以下、個人的にぐっと来た点。

■ バーチャルペーサーが便利

あらかじめ設定しておいたペースから外れるとビープ音で教えてくれる「バーチャルペーサー機能」が便利です。ひとりで走っているとだらだらペースになったりしますが、そのたびに怒られるので苦笑、トレーニングに最適です。

■ オートポーズ機能が便利

信号待ちなどで止まったときにタイムを止めてくれる「オートポーズ機能」がいい感じです。手動でも一時停止はできますが、面倒だったりしますよね。すべて自動でやってくれるので気が楽です。

■ スマホじゃなくて腕時計の方が便利

いままでランニングはスマホで計測していたのですが、手にもっているわけではないので時間やペースの確認が面倒でした。音声で知らせうという手もありますが、イヤホンつけなくちゃいけなかったりしてこれもなんだなぁ、と。

やはり腕時計型だと見たいときにさっと見られますし、そのおかげでいいペースで走れたりするのでいい感じですよ!


他にもライフログ機能とかいろいろありますので気になる方は公式サイトを是非ご覧ください。

» ForeAthlete15J_RedBlack

なお、初回の2回ぐらい、GPSがつかめなくてイライラしましたが、一回つかんでしまえばOKっぽいのでご安心を。ランナー友達でも使っている人多いですな。気になる方は以下から是非どうぞw。

SVGをアップして継ぎ目なしのデザインパターンを作ってくれる『Plain Pattern』

Pocket

SVG、盛り上がってきていますね(特にデザイナーさん界隈で)。というわけでSVGをアップしたら継ぎ目なしのパターンにしてくれるツールをご紹介。

Plain Pattern

↑ こんな感じのパターンが作れます。

Plain Pattern 1

↑ 左上からSVGを追加します。

Plain Pattern 2

↑ いくつか選べますが、自分でUPも可能。

Plain Pattern 3

↑ あとはいろいろ調整すればいいですね。

好きな感じに出来上がったら右上からダウンロードすればいいですよ。ご利用は以下からどうぞ。

» Plain Pattern

「あの都市の何時はこの都市の何時?」がわかりやすい『Homeslice』

Pocket

ちと便利かも。メモ的にエントリーしておきます。

Homeslice Find time across timezones

↑ こんな感じに都市の時間が一覧になっています。

「SFの何時は東京の何時?」がわかりやすいですね。都市の追加もできますが、主要都市のみかな。ご利用は以下からどうぞ。

» Homeslice: Find time across timezones.

『Ansible入門 (全15回)』をドットインストールに追加しました #dotinstall

Pocket

前回のYAML入門は、今回の布石だったのです・・・!というのはどうでもいいですか。

さてサーバー構成管理ツールの「Ansible」についてレッスンをまとめました。Chefの構成がいろいろあれだったのですが、Ansibleは管理する側に何も必要ないところが素敵ですよね!

Screen 1

↑ 実にシンプルでいい感じです。

Screen 2

↑ 設定はYAMLで書いていきます。

全15回にまとめました。個人的にはローカル開発環境をAnsibleのProvisioningでまとめてみたいところ・・・!というわけで以下からどうぞ。

» Ansible入門 (全15回) – プログラミングならドットインストール

大将が英語でお寿司の食べ方を教えてくれているYouTube映像

Pocket

外国人の友だちが来た時に紹介するといいかも?!メモ的にエントリーしておきます。

↑ 6分半ほどの映像です。

勉強になりますな。

» Sushi Restauranteur Teaches the Proper Way to Eat Sushi – Neatorama

アプリなどでよく見るサイドバーを実現するjQueryプラグイン『drawer』

Pocket

これ、探していたのでメモ的にご紹介。アプリなどで出てくるサイドバーを実現するjQueryプラグインですね。

Drawer | blivesta  drawer

↑ こういうやつですな。

レスポンシブデザインにも対応しているようなのでご興味のある方はどうぞ。

» drawer | blivesta · drawer

インド初のメジャーリーガー誕生を描いた『ミリオンダラーアーム』

Pocket

2014 08 29 18 37 47

試写室で涙ぐんでしまってちょっと恥ずかしかったわけですが汗、「ミリオンダラーアーム」を見てきました。インド初のメジャーリーガー誕生を描いた、実話をもとにした映画ですよ。

ディズニーさんが配給ということで大人から子供まで安心して楽しめる作品になっています。個人的にはそれほど野球好きではないのですが、「実話」「インド」のキーワードに惹かれて行ってみたら大正解でした笑。

↑ 1分半ほどの予告編です。

ストーリーとしては「インドってあんなに人口多いんだし、すごい選手になりそうな人いそうじゃね?」と思ったエージェントが現地でオーディションを開催、有望そうな若者をスカウトしてくるも、野球をまったくしたことない人を選手に育て上げていくのに苦労しまくってさぁ大変、という感じです。

あいかわらずインドは破天荒ながらもエネルギッシュで実に魅力的な国として描かれています(また行きたい)。そして実話だからこそ説得力のあるリアルなストーリー展開で、ぐいぐいと引き込まれていきつつ、途中で不覚にもうるっと来てしまいます。

主人公のエージェントは結果をうまく出せないながらも行動力があって目が話せませんし、最初「絶対この人脇役だよね」と思っていた人が妙に重要な役どころになっていたりして話に奥行きを感じさせる2時間でした。

なお、最後にインドで実際に撮影したオーディションの様子などの映像が流れるのですが、映画の再現度にびっくりしましたね。インド人選手の二人と俳優さんもそっくりでしたし。実話の力ってすごいなぁ、と思った次第です。

というわけで公開は10月4日。実話映画やインド、野球が好きな方はいかがでしょうかね?公式サイトは以下からどうぞ。

» ミリオンダラー・アーム | ディズニー映画

スマホでホワイトボードが共有できる『Rocketboard』が便利そうだよ

Pocket

これ、なんかすごそう。スマホのカメラを使ってリアルなホワイトボードを共有することができます。

Rocketboard

詳しくは公式サイトのムービーを見て欲しいのですが、利用シーンはこんな感じ。

  • スマホのカメラでホワイトボードを撮影。
  • ホワイトボードの四隅に小さな三角形を描く。
  • その三角形をもとに描画範囲を認識。書いたものをリアルタイムにアップデート、ウェブにアップ。
  • 遠隔地の参加者はRocketboardのウェブを通じてホワイトボードを閲覧可能。
  • なお、カメラに写っている人物は自動的に削除される模様(すごいな)。

音声はSkypeやらHangoutで共有するとして、ホワイトボードに特化したこういうアプリを使うのもいいですね。まだリリースされていないっぽいのですが、将来的に楽しみです。

» Rocketboard

『YAML入門 (全9回)』をドットインストールに追加しました #dotinstall

Pocket

以前から作らないとな、と思っていたYAML入門を追加。いわゆる構造化データのためのフォーマットですが、思っていたより奥が深かった・・・。一度見ておくといいかもです。

Screen 1

↑ JSONやXMLも便利ですが、YAMLもよく使いますよね。

Screen 2

↑ YAMLでこう書くとこういうオブジェクトになる、というのをRubyで試してみました。

ちなみにYAML1.1とYAML1.2でわりと大きな変更がありますね・・・。今回はYAML1.2に準拠しています。というわけで以下からどうぞ。

» YAML入門 (全9回) – プログラミングならドットインストール

下になぞって撮影、右で保存、左で共有できる「ぶれない」カメラアプリ『RubCam』

Pocket

これ、わりと良くないですか?カメラアプリですが、下になぞって撮影ができます。タップすることでカメラが揺れたりするので、確かにこの方法ならブレなくていいかも。

Screen568x568

↑ これならブレなそう。

↑ 映像の方がわかりやすいですね。1分弱です。

RubCam

↑ なにげに一番下のコントロールも使いやすそう。

iPhone専用ですがどうですかね。

» RubCam