【書評】 Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール

SPONSORED LINK

Pocket

2013-05-13 14.12.01

悔しいけど面白かったw。スタートアップ的な方は必読かと。

みんな大好きポール・グラハム率いる超有名な「Yコンビネーター」に張り付いて取材した結果をまとめた本ですね。

Heroku、Dropbox、AirBnB、Codecademyなどなど、いつもお世話になっているスタートアップの創業者が出てくるので、これらのサービスに親近感が湧いてくること請け合いです(しかし、ヘロクとかカタカナで書くのやめてほしいw)。

なお、本書は400ページ強あるのでかなり読み応えがありますが、それだけにYコンビネーターでの生活をみっちり疑似体験できるかと思います。いろんな意味で「濃い」ですよ。

いろいろ勉強になったのですが、個人的にぐっと来た点をいくつかご紹介。

■ うまくいくチーム、うまくいかないチーム

本書ではYコンビネーターの面接プロセスについても紹介されているのですが、そのあたりを読んでいると「うまく行くチーム」のYコンビネータ的な基準がわかってきて興味深いです。

  • チームで起業しないとだめ。一人で起業、というのは「友だちも説得できなかった」を意味する。
  • ハッカーがいることは絶対条件だが、「檻に入れられたハッカー」はだめ(他の創業者の言いなりになっているハッカーね)。
  • 一緒に過ごしているうちにしぐさが似てくるチームは良いチーム。
  • 最初のアイデアはあまり重要ではない。何をするか、より、誰とするか、だ。

また個々のチーム作りもそうですが、チームが物理的に集まることについてもYコンビネーターでは重視しています。

彼らが参加者をシリコンバレーに集めるのはそのためで、「ヨーロッパに起業家がいないとは思わない、だけどシリコンバレーほど集まってはいない。起業家が集まることでモチベーションが高まり生産性があがるのだ」というのが彼らの主張です。

■ すごいプレゼンの作り方

すべてのスタートアップが投資家にピッチするわけではないですが、プレゼンは大事ですよね。本書でも「プレゼンはこうやるべき!」という指導がこれでもか、と紹介されていてとても参考になります。

「最初の15秒が大事」
「ブラックベリーテストを使え」
「ゆ っ く り は な せ」
「俺だったらこう言う」

こうした指導を受けて最初はぼんやりしていたプレゼンがビシっと決まっていく様子を見ていくのは快感でもあります(具体的な指摘がすごく参考になります)。

自分の事業をプレゼンするとどうなるのか、そのプレゼンをYコンビネーターのパートナーを見たらどう思うのか、などと想像しながら読むといいかと思います。

■ 戦略を練るための質問

かのYコンビネーターの参加者と言えども、本書を読めばみんな悩みまくりながら突き進んでいるのだな、ということがわかります。

当初のアイデアが全くダメだとわかっていろいろ考えるけれど、全然良いアイデアが思い浮かばないチームなどはその典型で、ピボットをどの方向にすべきか悩んでいるうちに時間がたってしまって焦りまくり!という、スタートアップあるあるを地でいっています。

そうしたときにYコンビネーターのパートーナーたちがアドバイスを与えるのですが、ポール・グラハムが特に得意としているのはスタートアップが戦略を練られるようにするための質問です。

一言で言うと長期的な視野から考えよう、ということなのですが、「3年後に君たちが大成功したとしよう。何をしたからそうなっていると思う?」といった具合に「今悩んでいる細々としたこと」からうまくひきはがしてくれます。

うまくいかないときはなにかと視野が狭くなりがちです。そうしたときに矢継ぎ早に「どういう世界をつくりたいのか?」と問われれば新たな道も拓けてくるのかもしれません。もちろんポール・グラハムのカリスマ性とあいまってこそ、この質問は効果を発揮するのですが、悩んだ時の質問集として本書を参考にするのも良さそうだな、と思いました。


以上、気になった点をまとめてみました。万人向けではないですが、起業に興味がある方にはおすすめしておきます。

4822249468
Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール
ランダル・ストロス、滑川海彦、高橋信夫、TechCrunch Japan翻訳チーム 日経BP社

あとポール・グラハムといえば「ハッカーと画家」いいですよね。こちらもおすすめ。

4274065979
ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
ポール グレアム、Paul Graham、川合 史朗 オーム社 (2005/01)

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.