【3月19日】 早起きして本をもらおう!「東京ブックモーニング」の第二回を開催します

SPONSORED LINK

Pocket

Tokyobookmorning

前回に引き続き第二弾を開催してみます。

前回はなんだかんだと7名ぐらいの方にご参加いただきました。ありがとうございます。誰も来ないかと思っていたので一安心でした。ほ。

というわけで、読み終わった本をモーニングでもしながら興味がある若者には差し上げます、という企画です。若者向け企画なので参加できるのは20代までとします(30代以上は自分で本を買おう!)。

なお、前回「9時には出なくてはいけません」という人が多かったので参加必須の時間をちょっと早めて08:50とします。

■ 参加対象者

参加の対象となる方は以下のとおり。

  • 29歳以下である。
  • 本が好き。
  • 3月19日の8:50ごろまでに六本木のbreaqに来れる。
  • 参加人数次第で欲しい本がもらえない可能性もありますが、そうした点も含めて運営がぐだぐだでも怒らない人。

■ 時間・場所

場所は「六本木のbreaq」。ミッドタウンのすぐ横です。電源、WiFi完備。

なお、Google Mapで調べると店の裏に出てしまうので注意です。六本木駅からいくとミッドタウンに向かって歩き、手前の坂を右に降りていく感じです。

時間は2013年3月19日(火)の08:50ぐらいまでに来てもらうといいかな。

■ 何をするか?

当日のざっくりしたスケジュール。

  • 08:30 breaqに僕がいく。
  • 08:50ごろまでに希望者は集合。だらだら雑談。
  • 08:50ごろになんらかの方法で(多分じゃんけん)で本を分配。あと女性だったら問答無用で優遇しますw
  • あと適当に解散。

■ どんな本がもらえるか?

今回のラインナップはこんな感じ。他にも何冊か持っていくかと思います。

4344407660
ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
垣根 涼介、、垣根 涼介のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら 幻冬舎 (2006/04)

↑ ハードボイルド?でおもしろかったです。

↑ 話題になった漫画ですね。短篇集ですがおもしろかったです。

4314010479
経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
マッテオ モッテルリーニ、、マッテオ モッテルリーニのAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、泉 典子 紀伊國屋書店; 46版

↑ ビジネス書が好きな方はどうぞ。

4041003733
たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く (角川文庫)
石村 博子、、石村 博子のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら 角川書店(角川グループパブリッシング)

↑ 10歳の少年が戦争から生き延びるノン・フィクション。壮大です。

↑ 全員読んだほうがいいと思う。

4492443827
だまされて。―涙のメイド・イン・チャイナ
ポール ミドラー、サチコスミス 東洋経済新報社

↑ 中国市場に興味がある方は是非。いろいろすごい。

4062748916
蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
浅田 次郎、、浅田 次郎のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら 講談社

↑ 浅田次郎さんの超大作ですね。読み応えがあります。長編小説好きな方は是非。

■ 参加費用

あげるものは当然無料でさしあげますが、breaqはお店なので実費でなにか頼んでくださいな(モーニング600円〜、おかわり自由のコーヒーが500円〜とかかな)。

※ なお、breaqのオーナーとは知り合いではありますが、今回のイベントでバックマージンとかそういうのはないです。

■ 参加方法

当日ふらりとあらわれるだけです。申し込みの必要もありません。朝の気分でどうぞ。誰もいなくても僕はひとりでコーヒーのんでいると思います。

朝気分がいいからちょっと本でものぞくついでにモーニングでもいくかな、的なノリでどうぞ。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (1)
  1. 『ローマ法王に米を食べさせた男』は熱い本でした!!
    こういう志の若者が増えたらTPPなんて怖くない気がします。