【書評】 ザ・ファシリテーター

SPONSORED LINK

Pocket

f_top

会議系のスキルに興味があるので「ザ・ファシリテーター」を読んでみましたよ。「ザ・ゴール」のような物語仕立てですらすらと読みすすめていくことができます。

実際に「あー、あるある」というシーンを取り上げているので、会議や組織で悩んでいる人にはおすすめかと思います。議論が行き詰ったときにどういう崩し方があるかを学ぶことができますね(ただ、カタカナ会話が多すぎてちょっと苦笑・・・という感じではありますw)。

会議で使えるさまざまな技が出てくるので、自分の組織にあわせて使えるところから試してみるのが良いのではないでしょうかね。

また本書でも繰り返し主張されていますが、ファシリーテーションは思考の枠組みを提供しているだけなので、何かを書き出したりすることで仕事が終わる、というわけではないことを肝に銘じておく必要はありますね。

最近は社外の人と協力してさまざまなプロジェクトが動くことも多いでしょう。お互いに会議のやり方が違う場合にどう進めていけばよいか、悩まれている方は一度読んでみてはいかがでしょうかね。

4478360715

» ザ・ファシリテーター (単行本)

なお、会議系については以下にもまとめてあります。こちらもよろしければどうぞ。

» 会議に役立ちそうなエントリーのまとめ

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.