【東京ブック】 「感触」からクリエイトする

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『感触』

アートディレクターの佐藤氏はアイデアを生み出すときのコツを次のように語る。

それは「感触をクリエイトする」ということだ。

ロゴやポスター、CMはあくまでインターフェース。

重要なのはそれを見た後にどう感じるか、その感触である。

だったら最初に感触をイメージする。

この広告をみたあとにどういう感触を持ってもらいたいのか。

かっこいい!なのか、かわいい!なのか、すげぇ!なのか。

その感触から逆算してクリエイトしていくのだ。

またCMプランナーの多田氏も同様のコメントをしている。

アイデアを考える際に「自分にとって理想的なCMを今見た」と仮定することからはじめるのだ。

それを見た自分はどういう感覚になっているのか。

どういう気持ちなのか。

その後味から逆算するのだ。

■ 企画

仲の良い同僚と数人で行う。

  1. 自社のパンフレットを持ってきて並べてみる。
  2. それを見た「感触」をそれぞれが紙に書く。
  3. 終わったら発表する。
  4. そうそう、そうだよね、と一番共感を呼ぶものに投票する。

■ 一言の出典

ひとつ上のアイディア。

» ひとつ上のアイディア。

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.