【東京ブック】 迷っている人をその気にさせるには?

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『その気にさせる』

不動産屋さん向けに特化したウェブサイト構築システムを販売している金丸氏は、迷っているお客に買わせる方法についてDVDレンタル店のやりかたを例に引いて説明している。

DVDレンタル店で、DVDを借りさせるには当然だが、まず全面的に宣伝する必要がある。

しかし、その効果は限られているらしい。

一部の人は借りるのだが、大部分の人は「ああ、あの作品ね、今度借りようかな」と思ってなかなか借りないそうだ。

そこであるDVDレンタル店は数週間そのDVDを宣伝したあとは、その後数週間、そのDVDを店頭に出さないようにするらしい。

そしてまた数週間後そのDVDを店頭に出すと、今度は借りてくれる人が増えるというのだ。

これはDVDを一時出さないことによって、「あ、あの作品借りようと思っていたのになくなってしまった・・・今度出たら絶対借りるぞ」と思わせるための作戦だったのだ。

これは不動産のサイトでも適用できる、と金丸氏は考えている。

きちんと物件チェックをして、成約済みの物件をきちんと削除する。

そのときにはじめてお客は「ああ、あれぐらいの物件はやっぱり人気なのだ。今度似た物件が出たら契約しよう」と思うのだ。

迷っている人をその気にさせるために何ができるか。

それが重要なのだ。

■ 企画

仲のよい友人と数人で行う。

  1. それぞれが5人の友人に電話をかけて、「最近迷ったすえに買ったものは何がきっかけで買おうと思った?」をインタビューする。
  2. 全員終わったらその結果を共有する。

■ 一言の出典

街の不動産屋さん、“待ち”の経営から抜け出す

» 街の不動産屋さん、“待ち”の経営から抜け出す

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.