アンコールワットに来てみたよ、と(旅行記)

SPONSORED LINK

Pocket

さて急に思いついて、カンボジアはSiam Reapにあるアンコールワットに来てみました。せっかくなので現地からつらつらと旅行記をば。

aw_top2.jpg

↑ 今回の目的はこちら。

まずは成田からタイのバンコクへ。そこから乗り継いでSiam Reapに行きます。アンコールワットっていう都市があるかと思ったらそうでもないのね・・・。

ちなみに乗り継ぎ便が2時間遅れたので空港内でぶらぶら。タイの空港はきれいなのですが、ネットができるところが一箇所しかありません。しかも20分100バーツ(300円弱)なのでちょっと高い(スタバでWiFiないかな、と思ったのですがなかった・・・)。

かつ日本語が表示できるPCが限られているので、ログインしてはYahoo! JAPANを表示させ、文字化けしたら次のPCに移る、を繰り返しますw。

あと大丈夫だとは思いつつもキーロガー的なものが仕掛けられていないかチェックしてからGmailなどにアクセスします(まぁ、ソフトウェア的にHackされていたらおしまいですが)。念のため、あとでパスワードを変更しておくことにします。

aw_bkk.jpg

↑ 空港内で暇だったのでビールでも。飛行機が遅れたので300バーツ分のクーポンがもらえました。

そんなこんなでSiam Reapへ。着いたのは21時すぎ。なお、カンボジアはビザが必要ですが、空港でさくっと買うことができます(事前に大使館で入手も可能)。写真を忘れたのですが、$2追加すればOKっぽい。

なお、支払いはドルの現金がデフォルトっぽいです。ドルを持ってなかったらどうしたらよかったのだろうか・・・なんとかなるとは思いますが。

空港を出ると迎えが来ていたのでトゥクトゥクでホテルへ移動。ちなみにホテルはネットでとりました。メールだけのやりとりで不安でしたが、気のよさそうな青年が迎えに来てくれたので安心しました。

トゥクトゥクから見る街の様子はなんというか、アジアな感じです。屋台があって、古いビルばかりで、といった感じでしょうか。道は舗装されていないし、ほこりだらけです。バンコクの方がだいぶ都会ですね。

ただ、その分騒音もないし、虫が鳴いているし、のんびりするには良い街だと思いました。

15分ほどでホテルに到着。チェックインを済ませると「明日の予定は決まっているのか?」を聞かれ、ツアーの斡旋がはじまります。面倒だったので$15で一日トゥクトゥクをチャーターすることにします。

ちなみに部屋でもネットができるホテルをとったので早速パソコンを引っ張り出してメールチェック。無事につなぐことができました。ちょっと遅いですが、それはまぁ、しょうがない。

そのあとふらふらと外出。ホテルはバーが多い地域から近いところをとったので徒歩で移動。途中「バイク乗っていくか?」と20回ぐらい声をかけられましたが、スルーしてレストランがたくさんあるところに到着。

適当にふらふらしたあとにカンボジア料理(クメール料理か)のお店でビールと焼き飯を頼みます。びっくりしたのは生ビールが0.5ドル(50円)という点。ビールが安い店を選んだのですが、それにしても安すぎないか・・・。

aw_food.jpg

↑ パイナップルに焼き飯が。これも新しい。

そのあとはバーやクラブをのぞいたり、客引きをかわしたり、ナイトマーケットに行ったりして深夜にホテルに戻りましたよ。

ちなみにガイドブックを見ると「カンボジアは相当危険なので気をつけるように」とありますが、毅然とした態度でいればそれほどなめられることはないかな、という気はしました(油断してはいけませんが)。

そのまま寝て次の日はトゥクトゥクに乗せられてアンコールワットへ。1日券が20ドルなのでそれを買って遺跡群へ向かいます。

ちなみにアンコールワットというのは遺跡群の中のひとつであって、ほかにもアンコールトム(名前がかわいい)、タケ・オといったさまざまな遺跡があります。それらをトゥクトゥクで回ってもらいます。

まずはアンコールワット。写真では良くみていましたが、実物ははじめて。思ったより巨大でしたね・・・。

aw_top.jpg

↑ アンコールワット。かっこいいぞ!

そのあともアンコールトムやらを回るのですが、遺跡がとにかく「急」です。階段でこけたらただではすまない感じです。

aw_steep_up.jpg

↑ ほんと、こんな感じ。

aw_down.jpg

↑ 上から降りるときも怖いぞ。

行かれる方は十分に注意しましょうね。でも上からの眺めは気持ちよかったですよ。あと日焼け止めや水なども用意しましょうね。

それから遺跡群に入ると無数の子供たちが寄ってきます。おみやげ物をなんとか売りつけようとするのですが、それがどこにいってもあるのでちょっと大変です。

aw_sell.jpg

↑ 日本語でも売り込みます。「1個1ドル!」

最初の方は「1個1ドル」と言っていて、スルーしていると「2個で1ドル」になり、「3個か4個で1ドル」にまで下がったりします(3個か4個で、ってなんだw)。生活のためなのであまり邪険にできませんが、いらないものはいらないのでスルーしまくります。

ただ、売り込みの子供たちとは別に現地で生活している子や観光で来ている子供たちはかなりかわいかったですね(売り込みの子もかわいいですが)。

なんでかわいいんだろ?と思っていたら女の子は小さいころからピアスをしているようですね(全員じゃないけど)。それから男の子はくりくりしていて遷都くんを思い出しましたw。

aw_girl.jpg

↑ 遺跡で遊んでいた女の子。笑顔がかわいかったのでカメラを向けるとポーズはとってくれるが笑わなくなってしまう・・・なんという末恐ろしいツンデレ。

そんなこんなで1日かけて駆け足で遺跡をめぐり、また夜はバーに行って、次の日は朝早くからPCで作業中、という感じのアンコールワット旅行記でした。あと数時間で今度はバンコクに向かいます。そこらへんの様子はまた後日。

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

    • リリ
    • November 11th, 2008

    ひゃ~ビールうまそうだ

    そしてカンボジアのビール安いですよね。
    実はミャンマーに行くともっと安いんですけどねw

  1. No trackbacks yet.