「うっかり電話を寄付に変える」という発想の社会貢献キャンペーン『A Blind Call』

SPONSORED LINK

Pocket

blind.gif

ちょっとユニークな社会貢献キャンペーンのご紹介。ベルギーにある広告代理店が展開しているものだそうです。

一言でいうと有料の電話サービスを使ったチャリティ企画です。ただ、やり方がちょっとしゃれています。

まず参加したい人はその有料サービスの電話番号を「A Blind Call」の名前で登録します。この名前がミソです。Aではじまるから大抵の人は電話帳の最初に来ます。

で、誰もが経験があると思うのですが、なんかの拍子に電話帳の最初の人にかけちゃうことってありますよね(知り合いの「あ」で始まる人は「いつも間違い電話がかかってくるんですよー」と嘆いていました)。

例えばポケットのなかでうっかりボタンを押されてしまったときなど、知り合いに電話かかっているけど気づかずに電車のっていたりして恥ずかしい思いをしたりとか・・・(あとから「この前の電話なんだよー」とかってありますな)。

そういう恥ずかしい思いをするぐらいなら、電話帳の最初の番号はチャリティに自動的にかかる番号にしておけばよくね?という発想です。なお、この電話は30秒たつと自動的に切れるそうですよ。べらぼうな電話料金が請求されることはない、ということですね。

日々のうっかりを防ぎつつ、きっちり社会貢献という発想が良いですね。何かのヒントにしたいものです。

いつも楽しいビジネスアイデアを紹介してくれるSpringwiseからでした。

» Springwise: A Blind Call: accidental charity

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.