【東京ブック】 小さな進歩を褒める

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『褒めるとき』

部下が何かを完璧にやるまで待って褒めようとするマネジャーが多い。

これでは部下は育たない。

子供をいかに育てるかを考えてみるとわかりやすい。

まずは少しでも立ったら感激の涙を流して褒めてあげる。

そして立っていられる秒数が増えるごとにまた大げさにほめてあげる。

そうすると子供はどんどん長く立っていられるようになる。

これは仕事でも同じである。

ちょっとずつちょっとずつうまくやれることを増やしていくのだ。

そしてうまくいったら大げさにほめてあげる。

あいつ、使えないなぁ、とぼやいている方はまずは適切な目標設定と褒め言葉から試してみるといかがだろう。

■ 企画『Cダウン』

仲のよい友人と数人で行う。

  1. 最近身につけたいスキルを発表する。
  2. そのスキルを身につけるにはどんな小さな一歩が必要か紙に書いてみる。
  3. それを発表する。
  4. 一週間後にまた会って成果発表をする。
  5. これを数週間続ける。

■ 一言の出典

1分間マネジャー―何を示し、どう褒め、どう叱るか!

» 1分間マネジャー―何を示し、どう褒め、どう叱るか!

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.