バンコクのVAT Refundについての覚書

SPONSORED LINK

Pocket

vat.jpg

いつもバンコクに来るたびに検索しているような気がするのでメモ的にエントリー。賢くお買い物したい方のためのVAT Refundに関するいろいろです。

VAT Refundは旅行者が高価なものを買ったときに税金を払い戻してくれる制度。免税店もいいですが、出国前にばたばたしたくないのと、品揃えが悪かったりするので旅行したときに使っている人も多いのでは。より詳しく知りたい人はWikipediaでどうぞ。

» Value added tax – Wikipedia, the free encyclopedia

さて、いろいろルールはあるのですが、まぁ、一般的な観光客に関係ありそうなものだけをまとめてみます。

  • 払い戻しされるのは購入した金額の7%(ただし手数料がかかるので実際に受け取るのはもちょっと少ない)。
  • 一箇所でのお買い物金額が2,000バーツを超えていて、かつ、全部のお買い物金額が5000バーツを超えたときに適用。
  • VAT Refundを受けるにはお店が「VAT Refund OK」となっていなくてはならない(大抵レジの横に表記がある)。
  • お買い物をしたあとにVAT Refundの申込書を記入する必要あり。その際にはパスポートにが必要になることも(パスポート番号さえわかっていれば大丈夫だったけど)。レシートつけたりとちょっと時間がかかるので注意。レジが空いているときにやってもらうといいかもですな。
  • 出国する際にVAT Refundの申請をするところでスタンプをもらう。出国審査をしてしまったらもうできないので、必ず事前に行く。時間に余裕をもって空港に行きましょう。
  • 申請するところでお金をもらえるかと思いきや、実際に払い戻ししてもらうのは出国審査のあと。免税店なんかのならびに払い戻ししてくれる場所があります。
  • 払い戻しをしてもらうときは手数料がかかります。現金でもらう場合は100バーツ。銀行振り込みなんかもできるようですが面倒だからしたことない。

以上ですかね・・・もっと詳しく知りたい人はこちらを見るとよいかもですね。よろしければどうぞ。

» VATの払い戻しについて

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.