目標を意識し続けるには?+流星哲学

SPONSORED LINK

Pocket

あるメーリングリストで紹介されていたLifehacks。

誰でも『目標を常に意識していたい!』と願うものですが、ついつい忘れてしまうのもこれまた事実。そこで、目標を常に意識していられる方法があるMLで紹介されていました。

それは、

「いつも入力するパスワードを、目標が連想できるものにしておく」

というものです。

昨今では、ウェブ上でさまざまな仕事を片付けることが多いので、この方法はなかなか有効かもしれません。毎年目標を変えるたびにパスワードも変えられるのでセキュリティ的にも有効かと。

なるほど~、ですね。

ちなみにこれ関連のお話では、「出会う人みな、仕事の先生」という本に出てくる「流星哲学」を思い出します。

出会う人みな、仕事の先生
内海 勝統
サンマーク出版 (2002/05)
売り上げランキング: 114,619

↑ いい本です。Amazonですごいプレミアついている・・・。

で、流星哲学ですが、次のようなお話です。

この著者の内海さんはある日、経営コンサルタントの方にこう言われます。

「内海さん、自分の夢を必ず実現させる方法があるのですがご存知ですか?」

内海さんはそれを聞いてそんなうまい方法があるとは思えませんでした。

「そんな方法があるのですか?」

「では特別に教えて差し上げましょう。ある晴れた日の夜、星空を見上げてみてください。そして流れ星が流れたら一気に自分の夢を言い切ってください。これができたら内海さんの夢はすぐにかないますよ」

「?・・・またまたそんな子供だましのような・・・」

内海さんはてっきり冗談を言われたのかと思いました。怪訝な顔をしている内海さんを見て経営コンサルタントの方はこう続けます。

「では内海さん、お聞きしますが、あなたは流れ星がいつ、どこで流れるか知っていますか?流れたとしても1秒か2秒です。そんないつ流れるかわからないものを見た瞬間に自分の夢を言い切るなんてことは、365日24時間、その夢のことを考えて続けていなければできない芸当ですよ。あなたは今、自分の夢について真剣に考え続けていますか?」

内海さんはそこでハッと気づかれたそうです。確かに自分には目標があるが、そこまで真剣に考え続けられていなかった・・・夢をかなえるというのはそういうことなんだ、と思ったそうです。

目標を考え続ける、というのは簡単なようで難しいことです。

重要なのはそれを習慣化するための仕組みをどう作り出すか、ですね。上記のようにパスワードにするのもいいかもしれませんね。僕個人としてはcheck*padのモーニングリストを使っています。個々人のライフスタイルにあわせた「目標を常に意識しておくツール」は持っておきたいものですね。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. 潜在意識に刷り込む

    引き続き、「1日を48時間にして夢をかなえる」を読んで考えたこと。こうなりたい、こうしたい、ということがあれば、いつもそのことを考えて、潜在意識に刷り込む…

  1. February 20th, 2010