今年は一人旅にチャレンジしようかな、と(書評)

SPONSORED LINK

Pocket

たまには書評でも。

でもその前に今年の決意をここで言ってみるぞ、と。

個人的な話だが、『毎年知らない国に行く』というのが目標である。

昨年はイタリア、その前はベトナム、その前は中国、といった具合に着実に達成してきてはいる。

だが、なんかリスクが足りない。友達と行ってしまうからだろう。もしくは現地に友達がいるからだ。

もちろん現地に知り合いがいれば普段できないような体験ができるが、その友達に甘えてしまうので、楽しいけれど、ひやひやするようなスリリングな体験があまりない(でも本当、楽しい。特に上海)。

そこで今年は一人旅にチャレンジである(彼女がいないから、という理由では決してない…orz)

しかし一人でふらりと出かけても多分何もしない。

知らない人に話しかけるのが苦手だからだ。現地についたらネットカフェを見つけてそこから情報を収集し、無難に有名なレストランとか美術館とかいって終わりそうだ。

だから今、自分の中でもりあがっているのが「現地発着型、多国籍冒険ツアー」である。

現地発着というのは日本以外ではポピュラーな旅の形態なのだが、エアー+宿泊+ツアーがセットになったパックツアーが全盛なのであまり知られていない。

航空券は適当に自分で購入。現地のホテルに集合して他の旅人たちと冒険開始である。リアルFFである。

タイの山岳地帯をたずねて現地でホームスティしたり、キャンピングカーでアメリカ横断したり、ユカタン半島を遺跡を見ながらまわったり。

そんなことを世界中から集まる旅野郎と一緒に体験するのだ。

なんかちょっと不安だけど、同時にワクワクする。

ハプニングとか、カチンとくることや、「えー・・・」ってこともたくさんありそうだが、なんか人間的に素に戻れそうな気がする。

それから旅以上に日本以外のお国事情も知ることができそうだ。それがきっかけで他の国へ行ってみたい!なんて盛り上がりもありそうだ。

普通の旅じゃものたりない、でもバックパッカーのようなのはなんか難易度が高そうだ・・・という僕みたいな人にはなんかよさげなので現在検討中である。秋ぐらいには行きたいなぁ。

で、だ。

そんな「現地発着型、多国籍冒険ツアー」を専門に扱っているのが新宿の「地球探検隊」である。そこの中村隊長(社長じゃなくて隊長なのだ)とは「がんばれ社長」の武沢さんを通じて知り合った。

はじめて会ったときにはなぜだかわからないが呑み比べになって二人で(というか、主に隊長が)へべれけになったのだが、中村隊長が旅について語りだすと熱い、つか、熱すぎる。

アラスカにオーロラを見に行って人生語り明かした話だとか、モンゴルで馬にのって草原を駆け回っただとか、この人、いい体験しているなぁ、とまぶしい感じである。隊長自身が話しながら涙ぐんでくるので聴いている方の涙腺もちょっとやばい(だから呑みに走っちゃったんだろな)。

今年は隊長をそんなに熱くさせる体験を自分もしてみたいと思うのだ。

旅に出るにはさまざまなタイミングがあるので万人向けでもないかもしれないが、地球探検隊のホームページや、最近中村隊長が書いた本などが良いですよ。ホームページのツアーとか見ていると旅に出たくなります。時間があるときに覗いてみるといいかもです。

explorer.gif

↑ 地球探検隊。「多国籍冒険ツアー」が熱い。

隊長とまじめな話をはじめると涙腺がやばくなるので会うときはいつもおちゃらけ話しかしない(僕も子供だなぁ)。だから隊長がどんな旅を目指しているかが熱く語られているこの本はやばかった。隊長も熱いけど、やっぱり旅に実際に出た人の体験談も熱い。カフェで目がしぱしぱしてきた。

旅っていいですね。そう再確認できた一冊でした。人生のタイミング次第なので誰にでも、というわけではないですがよろしかったら是非どうぞ。隊長、熱いですよ。誰も知り合いのいないカフェなんかで読むことをおすすめしておきますw。

感動を売る!「人とお金」が集まる仕事術
中村 伸一
ナツメ社 (2006/04/12)

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. メールからRSSへ (Feed Rinse.com)

    メールからRSSへ Apr 14, 2006 メールのフィルター機能は便利だ。…

    • KIC2
    • April 14th, 2006

    通り掛かりのcheck*padユーザーです。リアルFF経験者(?)として足あとをば。

    > 現地のホテルに集合して他の旅人たちと冒険開始である。

    最高に良いです。
    初一人海外旅行でタイのチェンマイへ行った時の事。仮宿としていたゲストハウスの掲示板に英語で「明日山に登りに行きます。一緒に行きたいヒト、明日8時にここに集合」と書いてあり、行ってみたら13人(9国籍、4割女性!)集まっていました(地元民含)。そのままパーティー組んで首長族の村を目指して登山開始、計一週間野宿&村の民家宿泊。途中でイカダを作って川移動したりワラの家を作ったりと、本当にリアルFF状態でした。 最高の思い出です。

    と言う事でご計画、強くお勧めします。

    • うさぎ。
    • April 14th, 2006

    私も通りがかりのcheck*padユーザーです。

    私は、地球探検隊の現地発着ツアーを使ってオーストラリアを友達と二人で回りました。
    ツアー以外の時間も入れると1ヶ月。かれこれ10年近く前の大学卒業旅行だったのですが、非常にいい経験になりました。
    朝から晩まで本当に多国籍(7カ国くらい?)な人々と一緒ですから、ハプニングやらなんやらかんやらありました。
    エアーズロックに登ったり、何キロ歩くの?ってくらいトレッキングしたり。
    夜は、毎晩あまり通じない英語でオランダやドイツの人と飲みあかしていました。
    地球探検隊での現地発着ツアー、本当にオススメです。(^^)

  2. ぼくも通りすがりのcheck*padユーザーです。

    ぼくも地球探検隊でトラックアメリカのニューヨークからロスまで、フロリダ周りの3週間だか4週間だかのに参加しました。ニューヨークに向う飛行機の中で、911が発生し仲間たちと合流することが出来ず、やっと追いついたのはフロリダのオーランドでしたが…

    UK,ニュージーランダー,オージー,ドイツ,南アフリカの女性8人と、UKの男の子と僕という
    おんなだらけチームでしたが、ラディカルな人が多く、とても楽しかったです。毎晩お祭りでした。
    でも、裏ではおんなの確執みたいのがあった様です。こわい。

    日本の方がいない方が、かんぺきにスイッチを入れ変えれるのでいいですね。
    むずかしいかもしれませんが、夏休みなどの時期をはずしたりとかが良いかもしれません。

    誇れる思い出です。ネタにもなるし。

  3. なるほど、
    こんな手があったか~
    って。

  4. こんにちは。

    初めて書き込みします。僕も昔バックパッカーをやっていました。一人で知らない地に行き、現地の人や旅人と交流するのは本当に楽しいですよ!僕は、南アジア、北アフリカ&西ヨーロッパ、中国&香港・マカオ、東南アジア(中国→シンガポール)、フィリピンなどいろいろ行きましたが、一生旅を続けてもいいと思うほどです。

    前置きが長くなってしまいましたが、以前、ブログで「バイト募集」というのを読んだ気がするんです。ですが、その記事を見つけられなくなってしまいました…。もしよろしければ、大変忙しいと思いますが、ご返答いただければと思います。

    ブログのURL貼っておきます。それではまた。

    • 森蔵
    • April 15th, 2006

    すいません、投稿した直後、見つけることができました!

  5. 自分探しの冒険『地球探検隊』

     『自分探しの旅』を応援する旅行会社があります。 というか、結果として新しい自分を発見する旅になっている。と言った方が いいのかもしれません。 ”地球探検隊”の…

  1. No trackbacks yet.