Archive for the ‘ iPhone ’ Category

「Touch the Numbers」、3.988秒って速すぎだろ・・・

Pocket

あまりゲームはしないのですが、最近iPhoneアプリの「Touch the Numbers」で暇つぶしをしていますよ。これ、ランダムに並んだ25枚のパネルを1から順にタッチしていくものですね。周辺視野を鍛えるのに良いゲームです。

なお、このゲーム、以前、朝会議に来ていた女子大生が「私、6秒台出せます!」というので見せてもらったら本当に速かったので衝撃を受けてその日から練習中だったりしますw。

で、いまのところ、てんでダメダメな記録なのですが、YouTubeにはやっぱり神動画があがっていましたね・・・(まぁ、知っている人には今さらですが)。

↑ 3秒が長く感じるよ・・・。

しかも公式サイトのランキングには2秒台の強者が・・・どうやってんだ、一体・・・。もうちょっと練習してなんとか一桁台に行きたいところです。

シンプルかつ無料なのでかなり楽しめるゲームかと。なんだか身体能力も鍛えられるような気がするし。Bluetoothで対戦もアツいですよ。詳細&インストールは以下からどうぞ。

» Touch the Numbers(タッチ ザ ナンバーズ)人気iphoneアプリ by テクノード

これはすごいw・・・あなたがいない間に彼女や彼氏がiPhoneをどういじったかを再現してくれるアプリ『iTrust』

Pocket

わりと彼氏、彼女のケータイを見る人多いですよね(いや、まじで)・・・自分は見ないけど。

それがいやな感じだなー、というiPhoneユーザーの方はiTrustなどいかがでしょうか?

あなたがいない間に彼氏、彼女がiPhoneをいじろうしたらダミー画像を表示し、さらにどこをどういう順番で触ったかをプレイバックしてくれますよw。

↑ 動画で見たほうがわかりやすいですな。

最近はiPhoneユーザも増えてきましたからね。$.99ですがいれておいてもいいかもですねw。

詳細&ダウンロードは以下からどうぞ。

» Jorgnsn | iTrust via Mashable

現在地周辺の家賃相場がわかるiPhoneアプリ『HOME’S for iPhone』がちょっと楽しいぞ

Pocket

homes

友達に教えてもらったアプリが楽しかったのでご紹介。

自分がいる場所の周辺の家賃相場がわかる、というiPhoneアプリですよ。運営は業界大手のHOME’Sさんなのでデータが充実しているのが魅力です。

不動産情報とか見るの、楽しいですよね(僕だけ?)。GPSと連動しているので「ここらへんの家賃相場どうなんだろう?」というときにさっと見れて便利ですよ。

IMG_0096

↑ 起動画面。下にメニューがありますが、「周辺の家賃相場」ってのがいいですね。GPSでさくっと現在地を取得できます。

IMG_0098

↑ 部屋のタイプ別に相場が出ます。なーるほど。

IMG_0094
↑ もちろん物件情報も見れますよ。写真付きでテンションあがります。

IMG_0095
↑ おもしろいのはそのまま不動産会社に電話をかけたりメールできる点。これは便利。

IMG_0093

↑ あと当然ですが、その他のこだわり条件も指定できますよ。

IMG_0100

↑ あと全然関係ないですが、このキャラクターかわいいですね。名前あるんかな。

無料アプリですし、入れておいても良いのではないでしょうかね。ついつい不動産屋の物件情報見ちゃう、という僕みたいな人に特におすすめですw。

詳細&ダウンロードは公式サイトからどうぞ。

» 国内初の住まい探し専用iPhoneアプリ | 不動産・住宅情報サイト HOME’S

寝ている間の自分をチェックできるiPhoneアプリ『Let It Sleep』が思ったより面白かった件

Pocket

let1

最近仲の良いカヤックの人から「是非使ってみてください!」とアツく言われ、「えー・・・」と思いながら使ってみたら結構良かったですよ、というお話。

このiPhoneアプリ、寝ている間に自分がなにげなく寝言で言っているアイデアを録音してくれるというもの・・・らしいです。

でも、あれですよね、ぶっちゃけ、寝ている間にアイデアなんかそうそうつぶやくものでもないし、実際のところ寝ている間の俺、うるさくない??をチェックするツールですよね?w

よく「ね、俺うるさくなかった?」「ううん、大丈夫(はぁと)」ということがありますが(ごめん、今、想像で言ったw)、実際に自分でチェックできる点が秀逸です。

というわけで先日から何回か試していますが、このアプリが素晴らしいのは「録音レベルを設定し、それレベル以下だったら録音しない」という機能です。

つまり8時間寝たとしても(最近8時間寝たのいつだ!?)、うるさかったのが20分なら20分だけ録音してくれる、という仕組み。さすがに8時間、自分の寝言を聞くなんて拷問以外の何ものでもないですからね・・・。

せっかくなので以下に使い方をレビュー。

l_sense

↑ まずは起動。「Sense」というゲージに注目。

この「Sense」ですが、いわゆる録音レベルですね。右側に持っていけばいくほど感度が低くなります(これ、左右逆にしたほうがいいと思うよ)。つまり、左側に寄せていればどんな小さい音でも拾い、右側にしていれば大きな音しか拾わない、という仕組みですね。

実際にiPhoneに話しかけながら「自分の寝言がこれぐらいうるさかったらやだなー」というレベルにしておけばOKです。

l_start

↑ あとは充電器につないだまま枕元におき、「Sleep」ボタンを押して寝るだけです。

l_sleep

↑ 朝起きたら「Wake Up」なるボタンを押して終了します。

l_end

↑ 次に寝言を聞きたいなら再生ボタン。

l_play

↑ こんな感じで再生されますよ。早おくりもできますね。

実際きいてみるとあれですよ、なんだかこう、とっても不思議な気分ですよ。寝ているときの自分って他人のようですよね・・・ちょっと怖かったりもするw。

途中途中ふがふがいったり、寝返りうったりしたりで、自分の騒音レベルがわかって良いのではないでしょうか。何回も試すものでもないかと個人的に思いますが、一度試されてみても良いかと思いますよ。

詳細&ダウンロードはこちらからどうぞ。ちなみに有料アプリで115円です。

» 寝言レコーダー Let It Sleep

iPhoneDummyからiPhoneのダミーが届いた!(使い道ねぇ!w)

Pocket

さて数週間前に注文していたiPhoneのダミーが届きましたよ。買ったのはこのサイト。

iphone

↑ 怪しさ全開!でも大丈夫でした。

アドレスはこちらね。$19.95、送料は全世界無料です。勢いづいて2つ買っちゃいました。

» Get your iPhone Dummy Display Phone! – iPhoneDummy.net

早速写真でレポート。

i_0

↑ 香港から届いたよ!わりと箱とかボロボロだよw!

i_2

↑ しかしあけてみると意外としっかりしたつくり。

i_3

↑ 遠目で見たら区別つかないと思います。

i_4

↑ すごく細かいところでやっぱり安っぽい。でもほとんどわからない。

i_5

↑ もちろん電源は入りません。

ちなみに裏にもちゃんとアップルのロゴやらiPhoneという文字などが・・・なんかまずそうだったので写真はやめときますw。

はてさて、勢いで買ったのですが・・・使い道ないなぁ。

「ね、ちょっとiPhone貸して」「いいよ」(すりかえて)「あっ!」「おーい!」「うそーん」

・・ぐらいしか思いつかない。他にも良い使い道があったら教えてください。

なんかのイベントでのプレゼントかなんかに使おうかなぁ。

iPhoneとも同期する、シンプルなオンラインメモ帳『SimpleText.ws』

Pocket

s_1

自宅やオフィス、iPhoneなど、どこでも同じ文書を編集できるシンプルなメモ帳がSimpleTextです。Googleアカウントでログインできるのでさくっと使えて便利ですよ。

s_2

↑ ミニマムなインターフェース。日本語もOK。

s_25

↑ 変更履歴も残るのが良いですね。

s_3

↑ WriteRoom for iPhoneに対応、データを同期してくれるらしいです。

正直、Evernoteなどがあるので機能的にはそれほど珍しくはないのですが、インターフェースがシンプルなのと、APIに対応しているのでちょっと気になりますね。さらっと使ってみたい方は以下から是非どうぞ。

» SimpleText.ws — Your writing synced online

iPhoneでカラオケの練習ができる!『Lyrics Master』が超絶便利な件・・・

Pocket

ly_top

だいぶ前からあるようですが、先日、こちらの記事(↓)で知りました。超絶便利。いまさら感たっぷりでも紹介せずにはいられない!

なお、以下の記事ではMac版を紹介しているので、Win版で説明しちゃうぞ。

» 『Lyrics Master』でiTunesの曲に歌詞を登録、iPhoneで歌詞を表示する | iPhone.Walker

■ 何ができるの?

iPhone再生中に歌詞が表示されますよ!カラオケ好きにはたまらない!歌詞サイトからデータをダウンロードしているようですね。

ly_0

↑ 完成図。

ちなみに歌詞は自動スクロールとかしないので自分で動かす必要がありますw。

■ まずはダウンロード!

以下のサイトからダウンロードしましょう。

» Lyrics Master – Liquid Melody

適当に好きなフォルダに展開します。なお、レジストリはいじらないようです。安心ですな。

■ まずはiTunesを起動

iTunesを先に起動しておきましょう。

■ プレイリストを作成

次に歌詞が欲しい曲を集めたプレイリストを作っておきます。なお、Lyrics Masterに「歌詞が設定されていない曲を集めてプレイリストを作る」スクリプトが入っていますが僕の環境だとうまくいきませんでしたよ・・・。まぁ、カラオケ練習的な曲を手動で集めればいいでしょう。

■ Lyrics Masterを起動

おもむろに起動します。最初に歌の好みとか聞かれますので適当に答えます。

ly_1

↑ こんな感じのウィンドウが出るので「検索」をクリック。

ly_2

↑ 次に現れるウィンドウで「環境設定」を選びます。

ly_3

↑ iTunesタブをこのように設定。

ly_4

↑ 検索タブをこのように設定。ちなみに「アニソン~」にチェックいれるとエラーが出やすかったので注意(僕の場合)。これが終わったらOKで終了。

ly_5

↑ もとのウィンドウに戻るので、iTunes連携、「連続設定モード」「フィルタ=B」にします。

ly_6

↑ iTunesに戻って、さきほどプレイリストを再生します。歌詞を取得すると次の曲に移ります。ひとつのアルバムだったら数秒ぐらいかな。

■ iPhoneと同期!

ここまでくればiPhoneと同期すればOKです!はじめて見るときは感動しますよ!

ちなみにアルバムアートが設定されていても、その上にオーバーレイする感じになりますよ。

ly_7

↑ こんな感じね。

■ 慣れてきたらヘルプも

もっと詳しく知りたい方はヘルプをどうぞ。

» Lyrics Master for Windows ヘルプ

以上ですかね。かなり快適なので是非みなさんも使ってみてくださいな。

WordPressのiPhone版(WPTouch)にAdMobの広告を入れる方法・・・

Pocket

さてGoogleに買収されたばかりのAdMobでも取り上げてみますかね。

最近このブログのiPhone版にも広告をいれたのでそのやり方です。広告もさることながらトラフィックの分析なんかができて便利ですよ。

IMG_0066

↑ こんな感じの広告が入ります。

以下、作業ログをば。

■ 下準備

前提として、WordPressと、WPTouchを使っていることとします。WordPress使いには標準的なアドオンなのでこの機会に入れておくのも悪くないのでは、と思わないでもないです。

» WPtouch: Mobile Plugin + Theme for WordPress ↔ BraveNewCode Inc.

ケータイ対応もiPhone対応もアドオン一発で便利だなぁ、WordPress。

■ AdMobで会員登録!

AdMobのサイトから会員登録をします。申請して認可されるまでちょっと時間がかかります。

ad_1

↑ 最近日本語化されましたよ。

登録はこちらから。微妙にサイトが不安定なのが気になりますけどね・・・(急に日本語から英語に切り替わったりする)。

» モバイル広告ネットワーク プラットフォーム| AdMob

■ サイトを登録する

無事申請が許可されるとコントロールパネルに入ることができます。ログインしてまずは自分のサイトを登録しましょう。

ad_2

↑ 「Site&Apps」のここからね。

ad_3

↑ iPhoenサイトなんでこれね。

ad_4

↑ サイトの詳細を入力。バナーの色なんかも指定できます。

ad_5

↑ コードを取得できるのでコピーしておきますよ。

■ testモードを変更する

さてさきほどコピーしたテキストですが、なんとデフォルトではテストモードがtrueになっています。このままだといつまでたっても収入が入らないので(ひどすw)、「test: false」に変更しておきます。

ad_6

↑ ここ、大事。

これ、忘れないようにしておきましょう。なお、最初にこういう設定になっているのはちょっとおかしいのでなかのひとにいっときました。しばらくしたら直るかもです。

■ WPTouchに導入する

次にWPTouchにさきほどのコードを貼り付けますよ。好きなところに何箇所でもいれられるようですね。ちなみに僕の場合は次のファイルの次の位置にいれましたよ。

ファイル:/plugins/wptouch/themes/default/header.php

挿入位置:46行目あたり(「<!– #start The Search / Menu Drop-Down –>」)の直前ね。

うまくいくと冒頭の画像の位置に広告が挿入されます。

■ 結果を見る

その後、しばらくすると結果が見れるようになりますのでサイトで確認してみましょう。Impressionとかわかっていいですね。

■ ついでにAnalyticsもいれてみる

またアクセス解析もしてみたい人はAnalyticsもいれてみるといいでしょう。基本的には同じような操作でできます。解析用のコードも似たような場所に貼り付ければOKです。特に迷うようなところはないかと。

追記:貼り付けタグでPHPの場合、閉じタグをつけないとうまくいきません。「?>」を忘れずに。

ad_7

↑ こんな感じのデータが見れますよ。

リファラーやリピーター分析ができてなかなか便利ですね。ちなみにデモサイトもあるので、どんなデータが取得できるかはこちらからどうぞ。

» Home – AdMob Mobile Analytics

以上、ですかね。iPhoneユーザーが少ないので数値的にはPCやモバイルと比べるとまだまだですが、iPhone上だとリッチな広告が可能なので今後が楽しみですね。ちなみにどんなリッチな広告が可能かは以下の映像がわかりやすいですね。

↑ 実際、この手の広告で3%程度のクリックがあるそうです。すごい・・・。

WordPressブログをお持ちの方はいまのうちから導入しておいても良いかもですね。よろしければどうぞん。

» Mobile Advertising | Buy Ads | Monetize Traffic | AdMob

ARを使って自分が駐車した場所がわかるiPhoneアプリ『Car Finder』

Pocket

これは便利そうですね。

広~い駐車場で自分の車がどこにいったかわからなくなることもよくありますよね。そうしたときに使えるiPhoneアプリです。AR(拡張現実)を使ってカメラ映像にオーバーレイしてくれるからわかりやすいですよ。

car_finder

↑ こんな感じ。

使い方は簡単で、駐車したらこのアプリを立ち上げて「ここに駐車したよ!」ボタンを押すだけです。

あとは車を探すときにアプリを立ち上げればどの方向にどれだけ歩けばいいかがわかります。

GPSを使っているので多少の誤差&GPSが使えない場所では使えない、という制限がありますが、かなり便利なのではないでしょうかね。

なお、115円の有料アプリですよ。

» iTunesStoreのCar Finderへ
icon

リアルJokerRacer・・・

Pocket

わは、これはすごい。

↑ iPhoneで本物の車を運転できちゃうという暴挙www。

WiFiを使った通信らしいですが、途切れたらどうなるんだろ・・・と思わないでもない。

というわけでこれは危なすぎるので、もうちょっと安全に遊びたい方はJokerRacerをどうぞ。

» インターネットでラジコンを動かそう – Joker Racer