【買って良かった】 マキタのコードレス掃除機(CL100DW)を購入

SPONSORED LINK

Pocket

迷った末、遂に購入。ダイソンとかなり悩んだのですが、国産メーカーのマキタにしてみました。業務用でよく使われていますね。ビルの清掃や新幹線の車内清掃、IKEAでも使われているっぽいです。

結論から言うとか・な・り素晴らしい。ちょっとしたお掃除がストレスなく出来るのがこんなに快適だったとは!なぜもっと早く買わなかったのか・・・。

DSC02504

↑ 意外と小さな箱で到着。組み立ても簡単。

DSC02505

↑ ダイソンと比べてデザインが悪い、と言われますが、個人的にはこの昭和感あふれるロゴとかたまらない。

DSC02511

↑ 工具メーカーならではの充電器。デカくてじゃまではありますが萌えるw。

DSC02506

↑ なお、スイッチはトリガ式。押している間だけONになります。

DSC02513

↑ ヘッド部分がすっきりしているのでこうした隙間も綺麗に掃除ができますよ!

DSC02516

↑ 自立はしませんが、立てかけることは可能(倒れたら故障するので気をつけましょう)。

DSC02514

↑ 一応壁掛けフックもあります。軽いのでこれでひっかけてもいいすね。

ちなみにマキタのコードレス掃除機、結構な種類があるので迷いますが、公式サイトの電子カタログを見れば違いが一目瞭然です。

Google Chrome

↑ 紙パックかカプセル型かを選んだ後にパワーを選べばOKです。

なお、今回CL100DWを買った理由は以下のとおり。

  • 紙パック式かカプセル式か、ではカプセル式をチョイス。紙パック式はパックを交換するだけなので衛生的ですが、やっぱり補充をするのが面倒なので(繰り返し使えるダストパックもあるようですが)。カプセル式はフィルタの掃除が必要ですが、ティッシュやキッチンペーパーをかぶせて使えば掃除も簡単です。
  • 電圧は10.8Vをチョイス。これはもうパワーと重さとのトレードオフですね。10.8Vだと、家にじゅうたんがあるときはきついっぽいですが、フローリングだったらこれで十分そうです(かなり満足しています)。これより電圧の高いものだと1kgを超えて重くなるのでさっと掃除するのは辛そうかな、と。

このマキタ、すでに大活躍中ですよ。Amazonだと1万2千円ほどですが、かな〜りおすすめしておきます。今後ギフトとかで人に贈りたい。というか、オフィスにも買おうかな・・・。

■ 他に比較検討した機種

あと他に検討した機種についてもちょろりとコメント。

まずはダイソン。最後まで迷いましたが、家電店で実物を見たら存在感ありすぎだったのでやめました(広い家だったらいいかもだけど)。あとやっぱり値段ですね。3万円超えるのはやはり痛い。でもさすがのパワーでしたよ。

あとこれも自立できないので壁に立てかけるか横置きになります。メーカー推奨は壁にアタッチメントをつける方式ですが、賃貸だとむずい。

お次はTWINBIRD。コストパフォーマンスが素晴らしいし(なんと6千円!)、自立もするのでいいのですが、ヘッド部分が大きいので隙間を掃除できないため却下。デザイン的にもすっきりといい感じだとは思います。

なお、TWINBIRDはこちらのコード式のを持っています。なんと2千円です。長時間掃除したいときやパワーが必要なときはこちらを使う予定。

あとT-falやYAMAZENなども検討しましたが、Amazonのレビューを見る限りそれほど人気がなかったので却下させていただきました。

いやはや、マキタいいですよ。実に素晴らしい買い物をしました。床のほこりやごみやら髪の毛やらが気になる方は是非どうぞ。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.