VMwareのイメージをVirtualBoxに移行した時の作業メモ

SPONSORED LINK

Pocket

MyLocalServer  ストレージ

VirtualBoxとVMwareの両刀使いでしたが、VirtualBoxにて統一することに。Vagrantとも相性良さそうだし。

というわけで、VMwareからの移行ではまった点をメモっておきます。

■ VMware側での作業

  • 移行したい仮想マシンをOFFにしておきます。
  • VMwareのイメージファイルを、移行先のマシンにコピーします(同一マシンだったら不要)。なお、イメージといっても「ユーザー>仮想マシン>(仮想マシン名)」にあるファイル群のことね。.vmdkのまま移行できるので変換不要です。

■ VirtualBox側での作業

  • 普通に仮想マシンを新規作成します。この時点では「仮想ハードドライブを追加しない」にすること。あとは適当に。
  • 出来たら「設定>ストレージ」へ。一覧の下のアイコンから「SCSIコントローラー」追加。その下にHDDをくっつけますが、ここで「既存のディスク」を選び、VMwareのイメージを選択します。
  • おもむろに起動。「NET: Registered protocol family..」とかで止まったら一旦STOPして「設定>システム」の「IO APICを有効化」にチェックします。
  • 再度起動。

VMwareで作られるファイル(.vmdk)がSCSIなので、最初にHDDなしで仮想マシンを作り、SCSIコントローラーを追加するところがコツですね。

人によっては設定違うかもですが、どこかで検索にひっかかって誰かのお役に立てればよいかな、と。こういうLong tail的なメモも大事ですよね・・・。

ま、それだけです。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.