西麻布の『NEWSBASE N』で3Dプリントの未来を感じてきた!

SPONSORED LINK

Pocket

最近話題の3Dプリントが西麻布のコワーキングスペース「NEWSBASE N」で体験できると聞いて遊びに行って来ましたよ(現在は会員向けだけですが、後述の「しぶや図工室」は一般の方でもOKです)。

一言でいうと、かなり近未来の可能性を感じて来ましたよ・・・たしかにこれすごい。夢が広がる。せっかくなのでざざっと写真で見たものをご紹介。

2013-07-01 16.29.29

↑ 入り口にいきなりあった3人組の物体など。かなり細かいところまで再現できています。

2013-07-01 16.38.15

↑ ドラゴンとかの方がわかりやすいかな。

2013-07-01 16.38.53

↑ これを作ったのがうしろにある機械。

2013-07-01 16.29.35

↑ こちらはスマホケースなどなど。手前の物体はなかにLEDなんかを入れるといい感じのインテリアになるのでは。

2013-07-01 16.32.49

↑ さらにこんなものも。ちなみにプリント時に色もつけてくれるというすごさ(でも8時間ぐらいかかったらしい)。

2013-07-01 16.37.02

↑ それを作った機械。右上に3色のインクがあるのがわかると思います。

2013-07-01 16.34.54

↑ 近くにあった「3Dマウス」。これがよく出来ていて、操作していると、ちゃんとフィードバックもあります。画面上で球体に触ると「コンコンっ」という感じで反応します。

2013-07-01 16.34.51

↑ しばらくうにょうにょしたけどかなり楽しかった(&気持ち良かった)。

2013-07-01 16.40.43

↑ さらにこちらはチタンによる3Dプリント・・・チタンも「印刷」できるってすごい。おれおれアイアンマン作りたいですよねw。

2013-07-01 16.41.43

↑ こちらは3Dプリントした「型」。これから何ができるかというと・・・。

2013-07-01 16.41.03

↑ なんとシルバーアクセサリ。これ自体は3Dプリントしたものではないですが、「型」を作ってシルバーを流し込む、という手法もありですよね。

2013-07-01 16.43.28

↑ そして個人的に一番インパクトがあったのがこのチェスのコマ。よーく見ると内部も作りこまれています。

2013-07-01 16.43.32

↑ 中に螺旋階段があるのがわかりますかね・・・。

ちなみにそのあとオーナーの@ogasaharaさんと話していましたが、今まで不可能だった「大量生産でも一品物でもない、適量生産」が3Dプリントで広がっていくのではないか、という方向性には未来を感じましたよ。

たしかに「オリジナリティがあるものが欲しい、でも一品物ほどにはコストをかけられない」というニーズはこれからどんどん広がっていくような気がしますよね。

また@ogasaharaさんも話していましたが、3DプリントとArduinoなどの電子工作が組み合わさることで「スマホ連動ガジェット」みたいなのがぐっと身近になってくるような気がします。そうなるとクラウドファンディングまわりもぐっと面白くなるような。

実際、作る人がどれだけ増えるかはわかりませんが、昔のプラモデルのように「半完成品」が出まわってあとは自分で好きに改造するだけ、といった楽しみ方もありなような気がするのでこれからウォッチして行きたいところです。ドットインストールでも3D系のレッスンを充実させたいな、という思いをあらたにした体験でしたよ・・・。

なお、実際に3Dプリントを体験してみたい人は「しぶや図工室」でワークショップに参加したり、「make.dmm.com」などを試してみるといいかと思います。

いままでは「3Dプリントが出来る」という概念がなかったので、一度ブレストなんかをしてみると楽しそうですよね。今の活動にどう3Dプリントが活かせるか会議みたいな・・・。楽しそうです。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.