インターネット選挙解禁を目指す『One Voice』に期待したいこと #one_voice

SPONSORED LINK

Pocket

NewImage

「選挙カーでひたすら連呼!」「朝の忙しいときに駅前で演説!」「渋谷の中心で支援を叫ぶ!」ってまったく伝わりませんよね・・・。選挙的な活動を見ているといつも次の2つの図を思い浮かべてしまいます。

結果として投票所にはいくものの、誰が誰だかまったくわからない、という人も多いのではないでしょうか。そこでインターネット選挙解禁を目指す『One Voice』を絶賛応援中です。

» One voice

もちろん今までもこうした取り組みがありましたが、FacebookやTwitterで革命が起きる今だからこそ、日本も真剣に考えたいところです。

ただ、応援したい気持ちはあるのですが、One Voiceを見ていてもいまいち何をどう応援すればいいのかよくわかりません。というわけで、以下、個人的にOne Voiceに期待することを述べてみます。

■ ネット解禁後の未来を見せて欲しい

まず「ネット解禁が何を意味するか」を、政治家の方に見せて欲しいと思います。なんとなく「ネットがあったほうがいいよねー」とは思っていますが、それによって「具体的に、今まで出来なかった何が出来るようになるのか」が知りたいところです。

個人的には「ネットでマニフェストを発信します!」ではまだ「ふむ」という感じかと思います。

ネットを使えるならこういう活動、企画をやってみる!という具体的なアイデアをまずは政治家の方から発信されるのはいかがでしょうか。その施策がクリエイティブであればあるほど「お、それなら応援してみよう!」と思えるはずです。

もちろんこの時点でネットからアイデアを募るのもいいでしょう。もしそういう動きがあるならば個人的にブレストなんかに参加してみたいものです。

■ ロードマップが欲しい!

俺がいいと言うまでそこで穴掘っておいて、と言われることほど虚しいことはありません。人は「作業の終わり」を意識できなければそもそもヤル気が出ないと思うのです。

もちろんOne Voiceでも「いいね!」してね、と書いてありますが、それがどう「インターネット選挙解禁」につながるのかわかりません。

そこで全体的なロードマップを作ったらどうかな、と思います。

昨日、One Voiceのイベントを見ていたのですが(以下、参照のこと)、このキャンペーンの目的は「ネット禁止なんかありえないっしょ?という世論をつくる」ということかなと個人的に感じました(他にもいろいろあるでしょうが)。



Video streaming by Ustream

この「ネット禁止なんかありえないっしょ?という世論をつくる」をもう少し細分化して、「あぁ、たしかにこれだけやれば世論が形成されたって言えるよね、でもって、ここに協力すればここが達成されるんだー」というロードマップがトップページにどーん!とあるとわかりやすいと思います。

ちょっと個人的にブレストしてみると、例えば以下のようなアクションがロードマップに含まれるのではないでしょうか。

  • 大手新聞に意見広告が載る(これはアイデアが出ていましたね)。
  • TVで「One Voice」が特集される。
  • スカイツリーを一日「One Voice」ジャック!(トレンドにのってメディアがとりあげざるを得なくする)。
  • (総理とも会見した)ザッカーバーグ氏からコメントもらう。ガガ様からコメントもらう。
  • ネット解禁後の明るい未来を描いたプロモーションビデオを(できれば有名な監督さんに)作ってもらう。
  • 「解釈はグレーだけど僕は次の選挙ではネット使うよ!」という政治家を100名集める。
  • Google社と協力して「政治家に関する情報専用の検索エンジン」を作る。

他にもいろいろなアイデアがあるかと思いますが、こうしたアイデアがひとつひとつ実現されていく様子をみせることで(達成できなくても、それに向かって努力したという過程でも)、世論をネット解禁に向けて高めていくことができるのではないでしょうか。

大事なのは「全体像を見せておいて、それが達成される様子を共有する」ということだと思うのです。単発の企画がぱらぱらと展開されても、何がどうつながっているのかがわからないと思います。

■ もっとアイデアを!

せっかくやるならもっと楽しく、政治家の方とアイデアを出しまくっていければな、と思います。「いいね!」してね、バナー貼ってね、だけでは限界があるかと思います。

「その企画ならやってみたい」「そういう未来、楽しくない?」というワクワク感が、「One Voice」には常にあふれている、そういうキャンペーンになってもらいたいですし、そのために協力できることがあれば一ブロガーとしてなにかしてみたいと考えています。

なお、現在100時間チャレンジとして「いいね!」をサイトで集めているようです。とりあえずこちらを見ていただいて、その他にも意見やアイデアがあればFacebookページにアクセスしてみてください。

» チャレンジ | One Voice Campaign

個々の政治家さんの顔や、考えていることがネットを通じて見えてくるといいですよね・・・。応援しています。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.