【書評】 さわり

SPONSORED LINK

Pocket

IMG_20120109_235626.jpg

またしてもHONZの方に教えてもらったノンフィクション(実話)。

幼少からの天才琵琶史、しかしそのあとにぱったりと琵琶をやめて実業界で財をなし、その間に夫に裏切られて二人の子供を捨てて男装を貫き、晩年には琵琶会にカムバック、小澤征爾さんなどとともにニューヨークフィル交響楽団と共演、といった波瀾万丈の人生をかけぬけた鶴田錦史さんの物語です。

個人的にはまったく知らなかったのですが、海外では有名な方なのですね・・・。

彼(彼女?)の生き様を追体験しながら、戦前〜戦後、昭和にかけての琵琶の盛衰、あわせて戦後のあわただしい日本の姿を垣間見ることもできました。困難があろうとも、力強く生きていきたいですね、とあらためて思うことしきり。勇気が出ました。

4093882150

» さわり

なお、彼らの演奏はYouTubeで「November Steps」と検索すれば出てきますね。クラシック楽団に尺八と琵琶があいまって複雑ながら繊細な楽曲に仕上がっていますね。YouTubeだとちょっとあれですが、実際に聴くとすごいんでしょうね・・・。

» november steps – YouTube

最近はノンフィクションか技術書三昧ですね。HONZ、見ていると買いすぎちゃうので危険ですが(笑)、おすすめですよ。今の時代だからこそ「こういうすごい日本人もいたんだ!」ということを知っておきたいな、と思います。

» HONZ

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.