モノづくりの祭典『Make: Tokyo Meeting 07』に行ってきた!

SPONSORED LINK

Pocket

Amke

昔から行ってみたかったモノづくりの祭典『Make:』に行って来ましたよ。週末、東工大で開催されていました。

昔の秋葉原っぽいというか、電子工作やテクノ手芸を楽しんでいる方たちばかりでテンションあがりました。今年はもうわってしまいましたが、機会があったらぜひ行ってみてください。かなりおすすめです。

またせっかくなので、個人的にいくつか気になったものをピックアップして紹介してみますよ。

■ 3Dプラネタリウム

毎年大人気、という3Dのプラネタリウムを見てきました。さすがの人気でちょっと並びましたが、一見の価値ありです。

DSC_0520

↑ 手作り感満載!

プラネタリウム風の会場で、実際天体なんかも見れるのですが、それは一瞬で終わりw、アバターもびっくりの3D劇場が展開されます。

セットはたいしたことないし、あくまでも手作りなのですが、「うぉ、すげ!!!」と思わず声が出ちゃいましたよ。ネタバレもあれなのですが、かなりの新感覚ですw。機会があればぜひ体験してもらいたいところです。

■ 教育用プログラミングツール『Scratch』

プログラミング教育に力を入れているのと、友人の石原さんが担当されているということもあってScratchのブースに。

Scratchは積み木感覚でプログラミングを学べる開発環境です。オブジェクト指向を学ぶのに特におすすめです。

さて、そのScratch・・・いやはや、なめてましたよ・・・すごかったです。ちなみに以下の「Kinect Gundum」は小学生が作ったとのこと。Kinectで身体を検出して、ガンダムになりきることができるというものです。

DSC_0525

↑ 小学生が作ったとは・・・。

そしてそのブースのまわりではお子様たちがシューティングゲームみたいのを作っていたり、センサーと連動させてレゴっぽいのを動かしたり、はてはそのための回路をはんだづけしていたりと、かなり驚きの連続でした。

Scratchは公式サイトで自分がつくったプログラムを共有できるのもすごいです。教育用にいかがですかね?

» Scratchホームページ

■ Julieさんに再会

福岡の明星和楽イベントでお会いしたJulieさんが普通にマニアックなブースを開いていてびっくりw。自分で写真を撮ってすっごく売れたという以下の本を記念に購入してきましたよっと。おまけにチロルチョコもらった。

DSC_0528

↑ ギークな女性はいいですな。

あまり時間がなかったので駆け足でしたが、ひさびさに工作したいな!と思える良いイベントでした。Arduinoやりてぇ・・・。というわけで興味が有る方は来年チェックしてみてくださいな。

» Make: Tokyo Meeting 07

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.