【だらだら旅行記】 仮装&給水所にはまさかのワイン!で有名な『メドックマラソン』に参戦してきたよ!

SPONSORED LINK

Pocket

さて一週間ばかりフランスに行ってきましたよ。ワインマラソンで有名な「メドックマラソン」に参戦するためです。

DSC_0206

↑ メドックマラソンに参加してきたよ!

北京マラソンに続き、2回目のフルマラソンに挑戦です。前回は「36km地点で棄権」という屈辱的な結果だったので今回は気合いを入れていきました!

その結果!

無事、5時間11分で完走!

おめでとう、俺!

いえいえ、ありがとうございます!(今、「おー!」と思わず声を出してしまったあなたにw)

タイム的にどうよ?という話はあるにせよ、無事に完走出来て良かったです。今回もリタイアしてしまったら「完走できない男レッテル」を貼られそうだったので一安心w。

というわけでフランス旅行記も兼ねていつものようにだらだらとエントリー。あいかわらず長文なのでお時間のある方だけどうぞ。

■ 今回の旅行のスペック

今回、メドックマラソンに参戦しようと思ったのは皇居ランを一緒に走っている友人から誘われたため。「仮装してワインを飲みながらフルマラソン!」という楽しげな噂は聞いていたので二つ返事でOK!したのが半年ぐらい前。

DSC_0195

↑ ちなみに今回のコース。26km地点には有名なワイナリーがあったり、後半にはステーキが振る舞われたり、見ているだけで楽しくなってきます。

ただ、フランスだし、何人で行くんじゃろね、と思っていたら、なんと総勢9名の仲間と行くことに。しかも男性3名、女性6名ってどういうことだ!マラソンを楽しみつつ、ワイナリーなんかまわっちゃってきゃっきゃうふふ・・・な展開になることは間違いなしなのでその時点でテンションがだだあがりですw。

しかし浮かれてはいられません。今回の目的はあくまで「フルマラソンを完走すること」です。「世の中には2種類の人間がいる、それはフルマラソンを完走した人間と、完走していない人間だ」という名言っぽいものを脳内再生しながら煩悩を滅却し、念入りに準備をすることを誓います。

ただ、暑かったすよね、今年の夏w(汗)。

なんだかんだと夏の間は適当に過ごしてしまい、直前にLSD(Long Slow Distance)で30km×2本やったぐらいで本番に臨むことに。ちなみにあれですね、30km×2本走るとわかりますが、25km超えたあたりにやっぱり「大きな壁」がありますね。膝が痛くなったり、背筋がビキビキいったりしたので、「うわー、42.195kmって大丈夫かねぇ・・・」と一抹の不安を抱えながらフランスに向かいます。

■ いざ、フランスへ!

総勢9名とはいえ、みなさん社会人なのでそれぞれのスケジュールで現地集合になります。僕はとりあえず一人でシャルルドゴール空港(名前、かっこいい)に向かいます。今回使ったのはエバー航空なので台湾経由です(エバー航空は台湾の航空会社)。エバー航空、機体は微妙ですが、CAさんは綺麗な方が多くてどきどきしっぱなしです。

なお、フランスまでは10時間+3時間ちょっとありますが、うとうとしたり、最近はまっているWebマンガを読みふけっていたらすぐでしたw。ちなみに読んだのは「空は赤く落ちる」でしたね。おすすめです。

さてそんなこんなでフランス到着。しかし落ち合うはずの友達がいない!「これは何かあったな」と思ってメールチェックするとビンゴ。飛行機が遅れてしまったとのこと。空港で落ち合うのはあきらめてパリ市内のモンパルナス駅で集合することにします。

モンパルナス駅まではタクシーで。タクシー待ちの行列に並んだはいいのですが、なんというか「服装、間違えた!」感たっぷり。パリ、思ったより寒かったです・・・事前に現地の天気は調べましょうね。ポロシャツだけで来ているのは僕だけでしたよ・・・。

というわけで「さ、寒いな・・・」と軽く震えながらモンパルナス駅に到着。無事に友達と落ち合うことができました。あとはTGV(新幹線みたいなやつ)に乗り込んで早速酒盛りw。地ビールとチップスでマラソン談義をしつつ、ホテルを取っていたボルドーに向かいます。

DSC_0291

↑ 毎日ビール飲んでたなぁ。

ボルドーに着いてからはマラソンに備えてわりとおとなしく過ごします。マラソン前は炭水化物でカーボ(ご指摘感謝!)ローディングだ!とか、メドックって赤ワインしか作っていないのね(「メドックの白ください」はNG)とか、世界遺産のサンテミリオンで杏仁豆腐の味がするマカロンを食べたりしました。

DSC_0157

↑ 世界遺産のサンテミリオンの美しい町並み。

ただ夜はやはり街を探検だ!ということでふらふら散歩しつつ、なにげなく入ったクラブっぽいところがキャバクラみたいなところで怖かったとかいろいろありましたが、まぁ、あまり無茶はせずにマラソンに備えます。

ちなみにマラソン前日にゼッケンを取りに行ったのですが、そのときの気温が殺人的暑さ・・・。こんななかで走れるのかよ、と不安になることしきり。日光がとにかく痛いぐらいに強くて、日陰から日陰に移動せざるを得ないぐらいのお天気です。うーむ、と思いつつ、当日の朝を迎えます。

■ スタート!

さて当日。心配していた天気は良い感じの曇りということが判明。ラッキー!と思いつつ会場へ向かうバスに乗り込みます。

会場についてみるといるわいるわ、の仮装の嵐。メドックマラソンの仮装には毎年テーマがあって、今年は「動物」。バニーやおさるさんなんかは当たり前として、アバターとかw、ニモとか、難易度の高いコスプレもちらほらと。

DSC_0257

↑ 個人的な仮装大賞。とてもかわいい猫型ロボットですね!日本人の方でしたが、大人気でしたw。

他にもよくわからない裸エプロンの男性集団とかも登場したりして、「あれ、アウトだよね、完全にw」と友人達と苦笑しながら入念にストレッチをします。スタート地点には楽団がいたり、サーカスがいたり、上空にはジェット機がぶっとんでいたりしていやがおうにも盛り上がります。

DSC_0209

↑ 楽しそうだな、おいw。

ただ、気分は盛り上がりますが、あまり浮かれてもいられません。今回の目的はあくまでも「完走すること」。前回は膝が痛くなってリタイアしたので、膝の保護を最優先にして、「5kmごとにストレッチ」「違和感を感じたら迷わず歩く」「タイムは気にしない!」「でもワインは呑むw!」という戦略で臨むことにします。

スタート地点に移動してしばらくすると一段と音楽が盛り上がり、フランス語でのカウントダウンが始まります。スタートの号砲が鳴ると同時にゆるりゆるりと集団が移動しはじめます。「おっし!」と小さく気合いをいれて一歩一歩踏み出していきます。

↑ 手ぶれしまくっていますが・・・スタートの雰囲気です。

しかしコスプレ集団の中で走り始めるというのは妙なテンションになりますねw。このテンションに浮かれてうっかりペースをあげそうになりますがそこをぐっと押さえて慎重に足を運びます。

うわー、こんなコスプレもありかー、なんて楽しく観察しながら走っていると最初の給水所が見えてきます。さっそくひとだかりができていて、みんなワインを楽しんでいる模様w。最初からこれかよ、と苦笑しながらここはスルーすることにします。手元のNike+を見るとまだ2kmほど。5kmぐらいまでは一気にいってしまおう、と決めて走りに集中します。

DSC_0229

↑ こんな感じでワインが振る舞われます。写真のこの子がすんごくかわいかった。関係ないけど。

なお、路上には地元の人達が出てきてくれていて、「アレ、アレ!」(Go!Go!という意味らしい)と声援を投げかけてくれます。応援もうれしいですが、ヨーロピアンの子供がかわいいのなんの・・・。子供達が差し出す小さな手にパチンとハイファイブをしながらずんずん進みます。

しばらく進むと最初のシャトー(ワイナリー)が見えてきますが・・・・なにこのお城w(まぁ、シャトーですからね)。湖越しにみえる瀟洒な建物を前に記念撮影をしているランナー達でひとだかりが出来ています。おいおい、マラソンじゃなかったのかい!と思いますが、これは確かに写真を撮りたくなる絶景です。

またところどころにバンドやDJがいるのもこのマラソンの特徴です。普通に演奏がうまいので立ち止まって踊っている人も出始める始末w。ちょうど疲れた頃に重低音が響いてくるので「よーし、あのバンドのところまでいったるぜ!」と思えていいですね。日本のフルマラソンでもこうしてほしい。

↑ こんなライブがあったりしてテンションあがります。

ちなみにバンドの他にDJなんかもいるのですが、普通に地元のおばさまがCDを選んでいて微笑ましかったですw。お前がDJか!と軽く突っ込みをいれつつ、軽快に走り抜けます。

↑ いい感じの間隔でバンドが配置されていてテンションがあがります。

なお、10km地点まではあまり調子が良くなくて「あれれ、やばいかも・・・」と思いましたが、15km、20kmと進んでいくとだんだん良い感じになってきます。ま、15km地点からワインを飲み始めたのでそのおかげだと思いますがw。

心配していたお天気もあいかわらず曇りのままだったので助かりました。水分も十分にとりつつ、途中で振る舞われるバナナなんかも適度に補充しながら30km地点に向けてひたすらに走り続けます。

ただ、やはり35km地点を越えたあたりで膝に違和感が・・・。これは無理してはいかん、ということで無理せずに歩きつつ慎重に進みます。500m歩いて、500m走る、といったことを3kmぐらい続けていると最後の「ワインに加えていろいろ出てくるゾーン」に突入していきますw。生牡蠣、生ハム、サイコロステーキ、チーズ、アイスクリームなどなどが振るまわれはじめるのでゴールに向けてテンションが上がります!

DSC_0236

↑ 大人気だった生牡蠣。

DSC_0237

↑ サイコロステーキ食べ放題!

DSC_0245

↑ ついにそのときが!

そうして見えてきた「42km地点」の標識!36km以上走ったことがなかったので未体験ゾーンに突入できてテンションマックスです。あと200m!と若干ダッシュもかましつつ、「お、意外と余裕あったな」と思いつつゴール!頭上の電光掲示板には「05:11」の文字が。タイム的にはのんびりでしたが、完走できてすこぶる満足です。

↑ ゴールの瞬間を撮ってみた。手ぶれしまくりなのはご容赦ください・・・。

ゴールをくぐるとかわいい子がメダルをかけてくれたり(というか、かわいい子がいるところに並んだw)、完走するともらえるフルボトルワインをいただいたりでじわじわと「完走した!」という喜びがこみ上げてきます。

なお、ゴール地点についてもまだ友達はいない様子。9名中、最速のゴールでしたよ。おめでとう、俺!しばらく待っているとぽつぽつと友達がゴールしてきたので喜びを分かち合います。

そのあとは完走者だけが入れるゾーンに移動し、パンを食べたり、DJでおどったり(普通のおじさんが回してたw)、またまたワインを呑んだりして盛り上がりましたとさ。いやはや、とにかく完走出来て良かった!おめでとう、俺!(← しつこい)。

DSC_0267

↑ 完走メダルともらったワイン。

■ 宴のあと

夜はみんなで打ち上げをしてさすがにそのまま爆睡。次の日はやはり全身筋肉痛でしたが結果良ければすべて良し、だったので逆に心地よいぐらいです。そのあとはパリ市内に移動して(またTGVでビール祭り)、凱旋門にいったり、きゃっきゃうふふむふふな夜を過ごしましたとさ。

DSC_0298

↑ 一応ね。時間なくてエッフェル塔いけなかったのが残念。

ちなみに凱旋門って上までいけるのですが、階段しかないのですね・・・。観光客で年配の方も多かったのですが、みんな息絶え絶えでしたよ。螺旋階段であれはきつい・・・。

DSC_0331

↑ パリの現代美術館に行きました。ちょっと使徒っぽいアートがあったのでぱちり。

それからパリ市内ではVelibという自転車レンタルサービスが普及しているのですが、最終日の夜に借りてひさびさにチャリで爆走したのはいい思い出です。これ、日本でもあるといいなぁ。

DSC_0323

↑ 市内のいたるところにレンタルチャリが。市内の交通インフラになっていて良い感じです。通勤に使っている人も多いのだとか。

パリに行くことがある人は是非チャレンジしてみてください。ただ、借りるときのパネル操作が恐ろしくわかりにくいので以下のサイトの動画をチェックしておくことをおすすめします(一回やるとなんてことないのですが)。

» ふらんすノート26. Velib'に乗ってパリを走ろう!

■ 台湾も寄ってきた!

それから帰りは台湾で一泊してきました。友人達と飲み食いしてきただけですが、やっぱり台湾はご飯が最高ですな・・・。小籠包食べながら「アジア、落ち着く・・・」と思わずひとりごちてしまいましたよ。

DSC_0385

↑ 台湾のご飯は最高です。

あと、台湾で初「エビ釣り」にもチャレンジしました。釣りってあまりやったことなかったのですが、意外にもよく釣れて「お、才能あるかも?」と思ったり。地味な試行錯誤がポイントですな。また行きたい。

DSC_0407

↑ 釣った!

DSC_0426

↑ 焼いて喰らった!

そんなこんなで台湾のご飯を満喫しつつ、帰りは「タグナット」を読みながら帰ってきましたよっと(3時間のフライトがあっという間だった。Webマンガ恐るべしw)。

DSC_0434

↑ 全然関係ないけど、台湾の空港のセキュリティ説明ビデオがCGアニメだった・・・どういうことだ。

そんなこんなの旅行でしたが、テンション高いマラソンに出たいならメドックマラソン、かなりおすすめです。仮装&ワイン好きの方は是非チャレンジしてみてくださいな。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

    • September 16th, 2011

    カーボンローディングではなくカーボローディングです。

    • taguchi
    • September 16th, 2011

    ありがとうございます!

    • velo
    • September 23rd, 2011

    ずっとメドックマラソン走りたいなあと思っていて、ネット見ていたら、こちらをみつけました。ほんとに楽しそうですね!うらやましい!!私も皇居ランナーなのでお会いすることあるかもしれませんね。

  1. No trackbacks yet.