【書評】 HTML5コーディング入門

SPONSORED LINK

Pocket

110504_165938.jpg

まずは献本御礼。いま自分の中でHTML5がアツいので、とっても勉強になりました。

なお、レベルとしては「HTML5って何?おいしいの?」という方向けです。まさしく入門書で、ざっとHTML5の要素を紹介したあとに、もうちょっと詳細を説明し、最後に架空のサイトをHTML5でマークアップするチュートリアルがついている、という王道的なアウトラインになっています。

個人的にはWeb SocketやLocalStrageなどについて「存在は知っていたけど具体的にコードに落とすとこう書くのね」ということがわかって良かったです。また、巻末のレファレンスや、HTML5をすでに採用しているサイトの一覧なども参考になりますね。

さらに気になるブラウザごとの実装状況についても言及されており、「これはOK、これはもうちょっとですかね」という現実的なコメントもつけられていて、「使える」入門書になっているかと思います。

ただ全体的にHTML5の入門書であって、CSS3やJavaScriptについて必要最小限しか触れられていないのでその点だけ注意ですかね。個人的にはすべてをごちゃっと説明されるよりは、こうして「HTML5時代にどうマークアップすべきか」にフォーカスされていた方がわかりやすいと思うのでこれはこれでアリだと思いますが。

といった具合にだらだらと書評してみましたが、入門書としておすすめです。ちとお高いのが難ですが、書店で手にとってみるのがいいと思いますよ。連休中のお勉強にいかがでしょ。

4767811074

» Webデザイナー/コーダーのための HTML5コーディング入門

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.