enchant.jsでゲームプログラミング第二弾!

SPONSORED LINK

Pocket

さて第一弾に続き、またしてもenchant.jsにて作ってみましたよ。今回は「Touch The Numbers」的なものですかね(本家には全然かないませんが)。

↑ 小さい数字からタッチしていきます。

↑ ちなみにミスすると数字が小さくなってわかりづらくなる、ってのが工夫した点。

一応以下にあげておきました。タッチイベントなんでiPhoneなんかでもいけるかな。

» numbers (アクセスするといきなりスタートってのが微妙か)

なお、いくつか特徴がありますよ、っと。

  • コード中の「numRows」で難易度設定が可能。いまのところ用意してある画像の関係上、5×5までですが、画像を用意すればいくらでもいけますな。
  • エンジニアらしく最初の数字は「00」から始まるので注意!w
  • ミスすると数字が小さくなって見えづらくなります。

それからコードも載せておきますね。今回は画像作成もいれて2時間ぐらい・・・?enchant.jsが出来すぎですごい。あまり悩みませんでしたよ。

↑ 60行程度でできるのはすごいなぁ。

次はシューティングとかそういう奴やってみたいなぁ。難しいのかな。

あ、ちなみに本家「Touch The Numbers」を運営しているテクノードさんでは絶賛人材募集中ですよw。詳細は以下からどうぞ!

» 百式ジョブボード(求人情報) – 株式会社テクノード

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.