【画像付き導入記】 CloudFlareが便利そうなんでWordPressブログに導入してみた

SPONSORED LINK

Pocket

@fladdictさんおすすめのCloudFlareが便利そうなんでちょいと導入してみました。導入したのは「genkitweets.com」。ちょいちょい海外から突発的なアクセスが来るので負荷分散してほしいかな、と。

というわけで、以下、導入方法をご紹介。

↑ まずはサイトにアクセス。

↑ なにはともあれ登録をば。今回は遠慮なくこちらの無料プランをば。

↑ こんな感じで情報を入力。パスワードの強度によって雲のアイコンが変わるのがおもしろい。

↑ CloudFlareに対応させたいドメインを入力。

↑ CloudFlareがDNS情報をチェック中。その間、簡単なビデオを見せられます。

↑ 現在設定されているレコードが表示されるので確認します。なにか追加したかったら適当に。ほとんどの場合、確認してから「次へ」へ行けばいいと思います。

↑ 再度確認画面。CloudFlareから「direct.genkitweets.com」も追加しておいたよ、FTPとかSSHするときはこれを使うと直にアクセスできるよ、とのこと。気がきいています。いちおうセキュリティ上適当に名前を変えておきます。

↑ すると新しいDNSをもらえるので、そのとおりに変更します(僕の場合はムームードメインで)。

↑ というわけで完了・・・あっけなさすぎる。

↑ そして、まだデータないけどダッシュボードなんぞを。ここでパフォーマンスのチェックができますね。

というわけで実際に負荷が分散されていくのにはもうちょっと時間がかかりますが、とりあえず導入は本当に簡単!でした!というレポートですよ。

無料だし、設定も簡単だし、これは積極的に使った方がよさそうですね(レンタルサーバーの人は無理だけど)。なお、CloudFlareのWordPressプラグインなんかもあるので、ブログでもよく使われているようですな。覚えておこうっと。

» Performance & Security for Any Website | CloudFlare | Home

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.