スクリーンキャストを作るなら『Screenr』が一番使いやすそうだ

SPONSORED LINK

Pocket

Mashableにて「5 Free Tools For Creating a Screencast」なるエントリーがあって、全部試してみたのですが、Screenrが一番良かったですよ、というお話です。

以下、紹介されていた5つのツールの感想をば。なお、「使える順」に紹介しています。

  • Screenr
  • 一番使えます。ツイッター認証でユーザー登録も簡単。音声もOK。変なロゴも入らないのに無料。MP4とYouTubeアップロードに対応。

    唯一の制限は録画時間。5分しかできませんが、まぁ、十分でしょう。

    ↑ Javaアプレットで使いやすいです。

    ↑ 作った動画はこんな感じにシェアできます。

  • Screencast-O-Matic
  • これもいいのですが、Chromeではなぜか動かないです。15分まで撮れますが変なロゴが入るのが微妙(年間9ドル払えばロゴを消してくれて1時間まで撮れます)。あとクリックした場所を円で示してくれるのはうれしい。

  • TechSmith | Jing
  • ダウンロード型のツール。無料版と有料版があって、無料版はSWFのみの書き出し。制限時間は5分。だったらScreenrの方がいいですよね・・・。

  • Overstream
  • これはスクリーンキャストじゃなくて、字幕作成ツール。若干、使いにくい。Mac使いだったらiMovieとかでやるのが良いかと。

  • GoView Beta
  • こちらもダウンロード版。ただしWindows専用なので論外。ただ、機能は充実しているっぽいですね。

というわけでご参考までに。昔は200ドルぐらい払ってCamtasia使っていましたが、Screenrの方が全然いいですよね・・・良い時代になったものです。

» 5 Free Tools For Creating a Video Product Demo

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.