ツイッターでフォローした人にメモをつけておく方法

SPONSORED LINK

Pocket

ちと限定的ですが、最近よく使っている手法のご紹介。

ツイッターで気軽にフォローしたはいいけど、「あれ、誰だったかな?」ということがたまにありますよね(パーティーで会った人を大量に追加したときとか)。

そうしたときにはプライベートリストを使ってメモをつけていたりしますよ、と。わりと便利なのでやり方をご紹介。

↑ フォローしたあとに「新しいリスト」を作ります。

↑ わかるような感じで説明つけてプライベートにしちゃいます。

↑ 誰だっけかな?というときにリストを見れば一発ですな。

↑ リストページにアクセスすれば説明も見れます。

以上ですね。

ただ、個人が作れるリストは20個までなので大量にメモすることはできません。ま、とりあえずメモをつけておいて、そのあと誰が誰だか把握できたらさくっと削除すればよろしいかと。

あまり頻度は高くないかもしれませんが(不要な人にはまったく不要だとは思います)、こういう使い方もありますよ、ということで。ご参考までに。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.