『メール処理にかかる時間は勤務時間の4分の1?』メールに関する研究結果いろいろ

SPONSORED LINK

Pocket

ちと興味深いレポートがあったのでシェア。メールに関する研究結果いろいろですな。なんとなくは知っているものばかりですが、こうして数値で言われるとどきっとしますね・・・。

原文には10ほどのポイントが上げられていましたが、個人的にぐっときたものをピックアップしてご紹介。

  • あなたが思っているよりも・・・
  • メールチェックの頻度のお話。自己申告では平均して1時間に一回ぐらいのチェックですかね、といっていた人たちを調査してみたところ、実際には5分に1回の頻度でチェックしていたらしいです。

  • メール処理にかかる時間は勤務時間の4分の1
  • これはさもありなん、という感じですが、調査によると勤務時間の23%がメール処理に使われていたそうです。

  • メールからもとの思考に戻るのには64秒かかる
  • これが一番ショックでしたが、たしかにそうかも。メール処理をしていて、もとの思考に戻るには平均64秒かかるらしいです。メールチェックをほどほどにしておく習慣をつけるのが効率的に仕事をするコツかもですね。

メールのチェックしすぎには気をつけたいところですね。あと、個人的にはメールと電話はうまく使い分けるべきかな、と思いますよ。こみいった話は電話しちゃったり会いに行った方が結局は効率的だったりするかと。

というわけで興味がある方は原文をどうぞ。

» Email’s Dark Side: 10 Psychology Studies — PsyBlog

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.