JPEGの次はWebP?Googleが提唱する新しい画像フォーマットってどんなんだ?

SPONSORED LINK

Pocket

Webを速くするぞ!というGoogleのビジョンの元、新しい画像フォーマットが登場したようです。従来JPEGが使われていたような写真的画像に適したフォーマットで、WebP(Weppy、ウェッピーと発音)と呼ばれるもののようです。名前、かわいいなw。

さてこのWebP、どんなものでしょうかね。公式サイトなんかをみて気になるポイントを箇条書きでご紹介。

  • Webトラフィックの65%は画像。しかしJPEGをはじめ、PNGやGIFも古い技術なので、今こそ新しい技術が必要。
  • WebPはJPEGと同様に圧縮率を指定可能。画質とサイズのトレードオフをクリエーターがコントロールできます。
  • WebPのベースになったのはV8 codec。隣接するピクセルを予想しつつ圧縮する技術ですな。
  • WebP開発後のテストでは、ランダムに選んだ100万枚の画像を変換。見た目には変わらないクオリティで変換したところ、ファイルサイズの39%圧縮に成功。
  • とはいっても、ブラウザでサポートしないと意味がない。現在WebKit用にパッチを開発中。時期Chromeでは実装される予定。
  • なお、アルファチャネル(透過レイヤー)も将来的にはサポート予定(へー)。
  • 現在公開されているのは変換ツールのみ。対応OSはLinux、Windowsはそのうち。libvpxなるコマンドラインでの変換ツールは公式サイトからダウンロード可能。

CNETのサイトでデモがあがっていたのでついでにご紹介。Before & Afterの画像とファイルサイズです。

↑ これが元画像。ファイルサイズは46,768 bytesです。

↑ こちらがWebPでの変換後(とはいってもブラウザで表示できないのでPNGで)。このサイズは36,154 bytes。

実際にはブラウザの対応、デジカメの対応などなど、浸透にはかなりの時間が必要だとは思いますが、画像サイズが減るのは魅力的ですよね。じんわりと出てくる感じだとは思いますがこれからの動向を見守っていきたいところです。

公式サイトはこちらね。

» WebP Home

あと関連記事はこちら。あわせてどうぞ。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.