セパレートするケータイ(F-04B)ってぶっちゃけどうよ?

SPONSORED LINK

Pocket

sep_1

さてF-04Bのレビューを始めて1ヶ月ほどがたちましたね。世界初のセパレートケータイ、最初は「セパレートなんかするかなぁ」と思っていたのですが、しばらく使ってみるとやっぱり便利な面もありますね。

そこで今回は実際の使用経験をもとに、セパレートならではの良かったところ、そうでもないところをまとめてみます。

■ セパレートして良かった点

  • 驚き!
  • 英語に「Conversation Piece」という言葉がありますが(話のネタ、的な)、F-04Bはまさにそれですね。

    なんとなく話がとぎれたとき、初対面でぎこちないとき、盛り上がりが欲しい時に「シュイーン!」(わりと音がかっこいい!)とセパレートすれば「おぉ、例の!」とみんなが驚いてくれます。

    あと意味もなくカフェでセパレートしながらネットとか見ていると必ずかわいい店員さんが必ず話しかけてくれてうにゃむにゃ(ry

    ひさびさに驚きがある、そして人に見せたくなる(=自慢したくなる)ケータイではないでしょうかね。

  • 通話しながらセパレート!?
  • たまーにしか使いませんが、電話しながら「お、スケジュールみなくちゃ!」、「えーと、あの人の番号は・・・」というときは、やっぱりセパレートすると便利です。

    sep_launcher

    ↑ 通話中に出来ること。このランチャーから選べます。

    以前、富士通の人が「近い将来、ケータイはセパレートが当たり前になる!と本気で思っています」と言っていて、正直「(苦笑)」と思っていたのですがw、セパレートも悪くないなぁ、と思ったりする今日この頃です。

    ケータイの使い方としては新しいですが、意外に生活のなかでしっくりきています。セパレートが面倒、という意識はなくて、「あ、ここでセパレートだな」と選択肢が自然に浮かんでくる感じです。

  • みんなでワイワイするケータイ
  • 数人でわいわいやっているときにセパレートして画面を見せる、というのはだいぶ普通になってきました。「ね、この前の対談見た?え、見てないの?ちょっと見てよ!」というときにひじょーに便利です。

    sep_hatebu

    ↑ こうやってみんなでサイト見るのはよくやります。

    以前はケータイを回し見していたのですが、それだと会話がさめちゃいますよね。そうしたときにディスプレイ部分を置いて「ほらね?」と出来るとかなりスマートですよ。

■ セパレートで「?」なところ

次にセパレートはいいんだけど、ちょっとなぁ、というところを挙げてみます。

  • Bluetoothのペアリングが遅い…
  • これはBluetoothでつないでいるからしょうがないのですが、セパレートして操作可能になるまで2秒ぐらいかかるのがちょっと…な感じです。

    特にセパレートしてカメラ撮影、というのはわりと便利だったりするのですが、ペアリングまでに時間がかかるため、最近はあまり使わなくなってしまいましたよ・・・。

  • セパレートすると通話しずらい?
  • これもBluetoothの仕様だと思うのですが、セパレートしながらの通話だと雑音が入ったり、音量が小さくなったりして、通話性能そのものがちょっと下がります。

    特に雑踏にいるときは聞き取れないことも多く、セパレートするときは静かな場所での通話をおすすめします・・・。

  • セパレートしたときのスタンド・・・
  • セパレートしてみんなで画面を見るのは良いのですが、いつも悩むのがスタンド。付属のストラップがスタンドになっていたり、ワンセグアンテナを無理やりスタンドにしたりするのですが、どうにも不安定です。

    sep_stand

    ↑ どちらも微妙に不安定・・・。

    どうにかスタンドが内蔵されるようにならんかな・・・と思っていたりしますよ。

以上、F-04Bのセパレート機能について雑感をまとめてみました。いくつか微妙な点はあるものの、個人的には「驚きがあって」「話が盛り上がる」のでかなり気に入ってはいますよ。

さて、あとはプロジェクターがらみのレビューをしないとですね。その他のレビューは以下からどうぞ。

FOMA F-04B ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-04B ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.