【読書】 不機嫌な果実、ロストワールド、アッコちゃんの時代(林真理子三部作)

SPONSORED LINK

Pocket

hayashi

ふと思いついて林真理子三部作をざざっと読破。いわゆるバブル時代のことがよくわかる、女性視線からのベストセラーですね。

林真理子さんの小説をじっくり読むのは初めてでしたが、さすがに女性の描写がうまいですね。本当かわかりませんが(女心は理解不能)、「あぁ、そういうこと考えてるかも」といろいろ参考になりましたw。

またバブル時代にそういうことあったなぁ、という地名やら人名やらが出てきて懐かしかったです(といっても当時子供だったけど)。特に「アッコちゃんの時代」は実存する人物について書かれているのでかなりリアルですね。

バブルの教訓うんぬんと語るつもりはないですが、個人的には時代を動かす人のスピード感ってやっぱりすごいよな、と感銘を受けました。

昔は不動産、ちょっと前はIT、今はソーシャル、かな。バブルで浮き沈みがあるとはいえ、何もしないよりてんでマシですよね…。自分はついつい傍観者的立場に逃げてしまうので、もっと積極的に動かねば、と思いましたよ。

小説としてもさらりと読めて楽しいかと思います。個人的には「アッコちゃん~」「不機嫌な~」「ロストワールド」の順でお気に入りです。よろしければどうぞ。

4163165401

» 不機嫌な果実 (単行本)

404157935X

» ロストワールド (角川文庫) (文庫)

4103631090

» アッコちゃんの時代 (単行本)

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.