GMOグループが3億円かけてクリエーターを支援する『アプリやろうぜ!』の要点をまとめてみた

SPONSORED LINK

Pocket

app

ソーシャルアプリ全盛の流れを受けてこれまた大掛かりな企画が登場した模様・・・。GMOグループが総額3億円(!!!)かけてクリエーターを支援するプロジェクトですね。

» キックオフカンファレンス|アプリやろうぜ!by GMO

個人的にもクリエータ支援をテーマにしているのでこのプロジェクトの要点をざっとまとめてみますよ(ソースは公式サイトと@m_kumagaiさんのつぶやきから)。いくつか詳細が不明なところもありますが、今後明らかになっていくことでしょう。

  • 一言でいうと、OpenSocialを使ったプラットフォームでアプリを作る人をあの手この手で支援する、というプロジェクトですね。現時点だとmixiアプリかDeNAのアプリですな。
  • 作るアプリは「ランキング上位を目指すアプリ、オリジナリティのあるアプリ、作り手がきちんと収益を得られるアプリ」だそうです。ゲームが主かな・・・。
  • 開発費も支援してくれるそうです。3名のチームだったら「3名×30万円×3ヶ月=270万円」ってことかな。これは開発にかかるコストというよりも、その人たちが開発に専念するための生活費という理解をしていますが・・・そうかな。投資じゃなくて提供、ってのがすごいですね・・・。
  • GMOグループが得意とするサーバー、決済、セキュリティ、ドメインも提供してくれるらしいです。サーバーの運用ノウハウ提供は特にいいですね。ただ、これは期間が気になりますね・・・開発期間内(3ヶ月を想定しているようです)かな。リリースしてから3ヵ月後に支援の継続を検討するらしいので、最大6ヶ月かな。
  • 場所がない人にはオフィス+アシスタントも提供とのこと・・・。アシスタントはアプリ申請などの業務をやってくれるのかな。確かに開発に専念するには必要ですし、そこらへんのノウハウは共有できそうですし、良いアイデアかもしれません。ノウハウを公開してほしいところ。取材に行こうかな。
  • 集客支援もやってくれるようですね。各種メディアを持つGMOグループならでは、ですね。確かに作ったはいいけど・・ってことはよくありますからね。
  • これは大事なことですが、アプリからの収益はレベニューシェアですね。たしかにいろいろ提供してもらうのは良いですが、この割合が気になりますね・・・。近日中に発表されるのかな。
  • 参加は個人でも法人でもOK。なお、エンジニアじゃなくても企画の人もOKっぽいですね。また個人で参加した場合、別々に応募した人がチームになることもあるようです。
  • ざっくりスケジュール。3/18から3/31までエントリー受付。そこから審査が行われて4月あたりに当選者を発表するのかな。3ヶ月間開発して7月~9月に順次リリース。そのあと3ヵ月後に継続を検討、という感じですね。どのぐらいのチーム(もしくは個人)が当選するかは今のところわからないのかな。応募数次第でもありますね。
  • 公式Twitterアカウントは「@appyarouze」。変なテンションなので燃え尽きないか心配w。ペパポの人でしょうね、この感じw。

以上、ざっとまとめてみましたが、いろいろ細かいところが「?」だったりもしますね。特にレベニューシェアの割合はなるはやで明らかにしてほしいところ・・・大事ですよね。

ただ、特にソーシャルアプリはタイミングも重要でしょうし、勢いでつっこんでいく感はよいですねw。

3月18日にキックオフカンファレンスがあるようなので(そうそうたる登壇者・・・)、ご興味のある方はエントリーしてみると良いのではないでしょうか。ソーシャルアプリ、そろそろ手を出してみようかな・・・。

» キックオフカンファレンス|アプリやろうぜ!by GMO

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. February 26th, 2010