ブログの更新情報はFriendfeedじゃなくて、WordTwitでTwitterに流すことにした

SPONSORED LINK

Pocket

wordtwit_top

さてブログの更新情報をずっとFriendfeedでTwitterに流すようにしていたのですが、通知してくれる間隔がやたら長くなってきたので(数時間に1回とか?)、WordTwitに乗り換えましたよ。Wordpressのプラグインですね。

WordTwitだとほぼリアルタイムに通知してくれたり、通知する際のテキストをカスタマイズできたりして便利ですね。

せっかくなので以下、作業ログをば。

■ WordTwitのインストール

まずはプラグインのダウンロード&インストール。以下からダウンロードしてpluginsフォルダに突っ込みます。

» WordTwit WordPress Plugin ↔ BraveNewCode Inc.

インストールしたあとは有効化しておきましょうね。

■ もろもろ設定

WordTwitの設定を行います。まずはURL短縮サービスの選択です。

w_url

↑ メジャーどころのbit.lyでいっときましょう。

なお、bit.lyを使う場合はAPIキーが必要なのでまずは以下のサイトでユーザー登録しましょう。

» bit.ly, a simple url shortener

そのあとにログイン、右上の「Account」リンクからAPIキーを表示します。

w_api

↑ これね。

これをさきほどのWordTwit設定画面で入力しておけばOKです。

次にTwitterのアカウントですね。ID&PWDは自分のサーバーだからまぁ、がつんと入力しちゃいましょう。

w_twit

↑ こんな感じに。

Twitterに通知するときのテキストをカスタマイズすることもできますね。必要だったらなにかいれておきましょう。「ブログ更新:」とか。

なお、ここでパスワードなどを間違えるとWordTwit設定画面の上にエラーが出るので確認しておきましょうね。

■ テスト&確認!

次にテスト投稿してちゃんとTwitterに流れるか確認します。

w_tw

↑ ちゃんとWordTwitから、になっていますね。

■ bit.lyを見てふむふむ

余力があればbit.lyをときどき見てみると良いでしょう。どれぐらいの人が実際にそのエントリーを見てくれたかわかりますよ。Twitterでの傾向がわかってよいですね。

w_result

↑ 勉強になりますな。

以上、Wordpressユーザー限定になりますが、WordTwitでブログ更新情報をTwitterに流す方法でした。ご参考までに。個人的にはかなり満足しておりますよ。

なお、WordTwitは西川さんに教えてもらいました。こちらもよろしければどうぞ。

» Twitterからのリンクを拾い集めてブログコメントにまとめてしまうWordPressプラグイン「Topsy Widgets」、短縮URLもOK。 | 本質思考道場

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK