topを使うときに覚えておきたい15のコマンド

SPONSORED LINK

Pocket

top

個人的にすごく勉強になったのでメモ的にエントリー。Linuxのtopで使える15のコマンドですよ。そんなの当たり前じゃん!という人はスルーの方向で・・・。

  • O
  • topは普通に起動するとCPU占有率順にプロセスが並びますが、ほかの並び順にしたいときはO。他の選択肢が出てくれますよ。また昇順、降順を切り替えたいならRです。

  • k
  • 特定のプロセスをKillしたいときに。

  • r
  • プロセスの優先度を変えたいときに。

  • -u, -p
  • 「top -u ユーザ名」で起動すればそのUserが実行しているプロセスだけ教えてくれます。また「top -p PID [,PID]」でプロセスIDを絞って起動。

  • 1
  • 複数のCPUがある場合、CPUごとに行をわけて表示してくれます。

  • d, [space]
  • リフレッシュレートを変えたいときに。もしくはスペースキーで即時更新されます。

  • z, b
  • zかbを押せば実行されているプロセスがハイライトされます。

  • c
  • プロセスのPathを表示してくれます。

  • -n
  • topは起動するとqを押すまで実行しつづけますが、「top -n 2」とかすることで「2回読み込んだら終了」ということもできます。

  • -b
  • さらにバッチモードで実行するためのオプション。「top -b -n 1」として、アウトプットをテキストにしたり、メールしたり、といったときに便利ですね。

  • A
  • 別々の切り口で表示した結果を一度にみたいときに。

  • h
  • 実行中に「h」でヘルプが見られます。

  • n
  • 一度に表示したいプロセスの数を指定します。

  • l, t, m
  • ヘッダーを表示・非表示にします。たくさんのプロセスを見たいときに便利ですね。

  • W
  • 設定を保存。

これだけ覚えておけばかなり自由自在ですね。サーバー管理者なら覚えておきたいところです。

» Can You Top This? 15 Practical Linux Top Command Examples

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.