デンキブランなるものを呑んできた

SPONSORED LINK

Pocket

今まで東京に住んでいながら全然知らなかったのですが、デンキブランなる有名なドリンクを飲んできましたよ。

デンキブラン

↑ これね。ブランデーのカクテルです。

がんばれ社長の武沢さんに連れて行ってもらったのですが、いろいろとエピソードがあって「へー」の連発でしたよ。

  • デンキブランを提供しているのは浅草にある神谷バー。日本で最初のバー・・・だとかそうでないとか(明治時代からありますよ)。住所は浅草1-1-1。昔、かなりの人気を博したバーらしいですよ。
  • デンキブランというのは「電気」+「ブランデー」の造語。正確にはブランデーではないので(ブランデーベースのカクテル)、「デンキブラン」としたとのこと。
  • これが出た当時(1912年!)、新しいものには「電気・・・」がつけられていたらしいです。最近でいうところの「e-なんたら」、もしくは「なんたら2.0」ってかんじですかね。
  • で、新しいという意味での電気、しかも飲むと舌がしびれるようになる電気的感覚から「デンキブラン」が大流行。
  • ちなみに製法は今でも秘密らしいです。ブランデーと薬草となんとかがはいっているらしい。
  • チェーサーはビールで、というのがおしゃれらしい。

デンキブランについてはWikipediaも参考にしてみてください。

» 電気ブラン – Wikipedia

日本に住んでいながらまだまだ知らないことがありますねぇ・・・。勉強になりました。

あ、ちなみにお味の方もなかなかでしたよ。そのあとに講演があったので一口しか飲みませんでしたが・・・。今度ゆっくり呑みにいってみようかな。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. November 16th, 2009
    Trackback from : 泡盛なかゆくい