ソーシャルメディアに関する驚くべきデータを4分ほどにまとめた必見の映像『Social Media Revolution』

SPONSORED LINK

Pocket

これは(まだ観ていない人は)観ておくと良いですよ。ソーシャルメディアがいかに革命的であるかをさまざまな数値から考察している映像です。

4分ほどですが、次々に現れる統計がいろいろすごいのでついつい引き込まれてしまいますよ・・・。音楽もノリノリでいい感じです。

とはいっても英語なのでなので個人的にぐっときたものをいくつかご紹介。

  • 2010年にはGeneration Yの人口が団塊の世代の人口を超える。
  • Webにおいて、ソーシャルメディアはポルノを超えた。
  • 昨年米国で結婚した人の8人に1人はソーシャルメディアで出会った。
  • 5000万人ユーザーに達するまでかかった年数。ラジオ:38年、テレビ:13年、ネット:4年、iPod:3年。Facebookが1000万ユーザーに達するまでにかかった期間は9ヶ月弱。iPhoneアプリは10億個に達するまで9ヶ月弱だった。
  • もしFacebookが国家だったら世界4番目。
  • 2009年に米国の文科省が発表したところによると、オンラインで教育を受けた人の方が、対面で教育を受けた人より優秀だったそうだ。
  • 高等教育を受けている人の6人に1人がオンラインで教育を受けている。
  • 80%もの企業がLinkedInを使って求人活動をしている。
  • アイルランドやノルウェイ、パナマの人口よりもFollowerがいるTwitterユーザーがいる。
  • 80%の人がTwitterをモバイルで使っている。顧客サービスが悪かったりしたら・・・と考えると恐ろしいですね。
  • Generation YとZにとってメールは過去のものになりつつある。2009年にはBoston Collegeでは新入生にメアドを配るのをやめた。
  • 世界で2番目に大きな検索エンジンはYouTube。
  • ソーシャルメディアのスピードのおかげで、いまや「Word of mouth」は「World of mouth」になった(← うまいなw)。
  • Facebookのスペイン語版はユーザーがみんなで翻訳した。かかった期間は4週間。Facebookのコストはゼロだった。
  • 世界の20大ブランドについて検索すると、その結果の25%はソーシャルメディア。
  • 34%のブロガーが製品やブランドについて投稿している。
  • 人々はGoogleの検索ランキングよりも、ソーシャルメディアによる評価の方を気にしている。
  • 従来のTVキャンペーンで効果が出ているのは18%だけ。
  • Jeff Bezos(Amazonの社長)によると35%の書籍販売はKindle向け。

こうした統計はそのまま鵜呑みにするべきではないですが、なかなかインパクトがありますね。

納得できるものもあれば「ん?」と思うものもあるかと思いますので興味がある箇所は自分で調べてみるといいですね・・・(ソースは以下のサイトにありますよ)。

「ネットなんてまだまだでしょ?」という人に見せてあげるといいかもですね。

» Statistics Show Social Media Is Bigger Than You Think « Socialnomics – Social Media Blog

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. Jeff Bezosの数字は(私の得たインサイダー情報からは)疑問に思いますが、すごく出来の良いビデオだと思います。
    ご紹介いただき、ありがとうございます。

    • むーみん
    • August 16th, 2009

    > 5000万人ユーザーに達するまでかかった年数。

    の部分ですが added 100 milion users in less than 9 months
    なので、1000万ではなく、1億ではないかと

    細かくて、すみません…

  2. 日本語字幕を付けたのでよろしければどうぞ。誤字誤訳修正案歓迎です。

    http://dotsub.com/view/f36f3ce8-439f-46e0-b18a-272d3aeb86e5

  3. すごい。
    TVメディアに従事するものとして衝撃を受けました。
    ツイッターでこのことが書いてあり、検索してたどり着きました。あちゃー。

    あまりのショックで僕のブログでも引用させて頂きました。

    ネットの時代だなあー