企業の体質をシミュレーションするモデルが衝撃的だったお話

SPONSORED LINK

Pocket

corp

またしても小話。大学生のときに次のようなモデルでシミュレーションをした先生がいました。結果が衝撃的だったので今でもよく覚えています。

どんなモデルかというと次のような感じ(ちょっとうろ覚えだけど)。

  • まず前提として企業はある一定の「出来る人」と「出来ない人」で構成されるとする(乱暴ですが、まぁ、仮定として)。
  • ある企業が毎年30人採用したとする。
  • その30人のうち、15%は出来る人で、85%は出来ない人だと仮定する。
  • 1年経るごとに、出来ない人のうち95%はずっと出来ないままで、一方出来る人のうち10%が出来ない人になっちゃうと仮定する。
  • 入社5年後にその人たちの20%が採用担当になる。
  • 出来ない人は70%の確率で出来ない人を採用する。出来る人は5%の確率で出来ない人を採用すると仮定する。
  • 3年ごとに出来ない人は15%の割合で退職し、出来る人は50%の割合で退職するとします。
  • さてn年後のこの企業、「出来る人」と「出来ない人」の割合はどうなるでしょうか?

上記の数値はわかりやすくするために適当にでっちあげましたが、大学のときに見たシミュレーションではこれらの数値をパラメータにして「10年後のこの企業は・・・」「20年後では・・・」といった具合にシミュレーションしていました。

具体的な数値は忘れましたが、そのときは「ふむ、そういう割合もありうるねぇ」と大学生なりに納得できる現実的な数値を入れたところ、数年後にはひどいことになっていましたよ・・・。

大学の先生も「悲しいことに出来ない人が出来ない人を生むシステムになっちゃっていますね・・・」とコメントしていたような。

企業のサイズによってパラメータを変えるべきとか、その他の要因なんかも考えるべきですが、考えさせられる実験ですよね。いつかシミュレータ作ってみようかな・・・エクセルで作れそうだ。

なんてことをここを読んだあとに思い出しましたよ、というお話でした。

彼の本もおすすめです。

4478600538

» なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 (単行本)

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. 初めてコメントさせていただきます。

    このシミュレーションの仕方は、非常に勉強になりました。

    出来る人を全体の●割りにするためには
    採用の時点で出来る人材を何割採るべきか…とか
    数値を弄ってシミュレーションしていくと、
    組織の戦略を考えるのにも役立ちそうですね。

  1. No trackbacks yet.