売れるデザインとは?あなたのサイトのコンバージョン率を高めるための8つのコツ

SPONSORED LINK

Pocket

sma

これは良い記事。Smashing Magazineで「Design To Sell: 8 Useful Tips To Help Your Website Convert」なるものが紹介されていました。

サイトのコンバージョン率を高めるためにはどんなデザインにすべきか、気をつけるべきポイントがまとめられています。もちろん目的にもよって方法は変わってきますが、まずはここらへんからはじめてみてもいいですね。

いつものようにささっと超訳してみます。

  1. メッセージをうまく伝えてくれる画像を使おう
  2. 何も考えずに画像を使うのではなくて、潜在意識に訴えかけるような画像を使うようにしましょう。仲の良い家族の写真などで「安心できます」と言うメッセージを伝えたり、ということですね。伝えたいメッセージと逆のイメージがある画像を使ったりすると離脱する人が多くなってしまいます。

  3. 選択肢を与えすぎないこと
  4. ユーザーに選択させるのは良いことですが、選択肢を与えすぎないようにしましょう。あまり選択肢が多くなってくるとわからなくなってそのサービスが選ばれない、という可能性もあります。これこれの選択肢があるけど、おすすめはこれ!といった具合に選択肢を絞って提示する工夫をしましょう。

  5. 製品やサービスをちゃんと見せよう
  6. ショッピングサイトで商品画像がないことはまずないですが、ウェブサービスやソフトウェアでスクリーンショットがないサイトがなんと多いことでしょう。ユーザーはどういう画面なのかを見たいのです。忘れないようにしましょう。

  7. 試用できるようにしよう
  8. 無料で試せるデモ版を用意しましょう。ユーザーにサービスのイメージをさせるとともに、少しでも時間を投資させ、その投資を回収するために「買ってみようかな」と思わせることが目的です。

  9. AIDAを意識しよう
  10. AIDAとはAttention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Action(行動)の略です。この流れで訪問者を誘導しましょう。きちんとこの要素がサイトに配置されていることを確かめ、この順番で視線が動くように設計しましょう。

  11. 注意をひこう!
  12. ここで覚えておくべきは「人は矢印の指す方向を見る」というルールです。注意を引きたいものがあればうまく矢印を配置して、訪問者の視線を誘導するようにしましょう。

  13. 「アクションリンク」をつくろう
  14. 訪問者は十分に興味を持ったら、すぐに買いたいと思うものです。「買う」「ダウンロードする」といったリンクはどこからでも目立つようにしておきましょう。

  15. 「右下」を意識しよう
  16. サイトのデザインにもよりますが、一般的にユーザーは左上から右下へ視線を移動させます。彼らに何かをしてもらいたいのだったら右下にアクションリンクを配置するのが良いでしょう。

矢印をうまく使え、というのは確かに、ですね。ユーザーの視線を意識しつつ、着実にコンバージョンを高めていく工夫をしたいところです。

ユーザビリティテストなどもかなり有用ですよ。ユーザビリティテストのやり方は以下の本にも詳しいのでよろしければ。

4797333529

» ユーザ中心ウェブサイト戦略 仮説検証アプローチによるユーザビリティサイエンスの実践 (単行本)

なお、多少はしょったところがあるので詳しくは原文をあたってくださいな。

» Design To Sell: 8 Useful Tips To Help Your Website Convert | How-To | Smashing Magazine

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. April 7th, 2009
    Trackback from : NEVER TOO LATE
  2. April 7th, 2009