JavaScriptのエラーが発生したら詳しい状況をメールでレポートしてくれる『Damn It!』

SPONSORED LINK

Pocket

d_top

これはちょっと便利かも。JavaScriptでエラーが起きたときにメールでレポートしてくれて、それらを管理できるツールです。

JavaScriptのデバッグは頭が痛い問題ですよね。しかしながら時代の流れはJavaScriptを使ったリッチなインターフェースだし、こうしたツールをうまく使いこなしたいところです。

使い方は簡単で、Damn It!で会員登録をしてKEYを発行してもらい、ちょこっとしたコードを貼り付けるだけです。するとエラーが起きたときにそのときの状況をメールしてくれます。

d_2

↑ こんな感じのメールが届きます。UAやらがわかります。

なお、エラーが発生したときにユーザーが詳しい状況を入力できるウィンドウも現れます(入力は任意。10秒間入力がないと消えます)。

damit

↑ エラーが起きるとこのようなウィンドウが。

またそこからがなかなか素敵です。

g_e2

↑ ブラウザごとに発生回数を教えてくれたり・・・。

g_e

↑ 発生頻度によって優先度を教えてくれたり・・・。

エラーは出ないようにするのが一番ではありますが、すべてのテストケースを網羅するのはなかなか難しいですよね(コスト的に)。

ご利用は以下からどうぞ!

» DamnIT – JavaScript Error Handling

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.