【東京ブック】 人を見る目を養うには?

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『人を見る目』

ホンダの創業者、本田宗一郎氏は並外れて「人を見る目」が優れていた。

人を見間違えれば最悪、会社は倒産の憂き目に会う。

だから彼はどんな人と付き合うか、瞬時に判断して、この人は変だな、と思ったら二度と会わなかった。

どうしたらそういう目を養えるか聞いてみた。

「あった瞬間に、なんとなくやだなー、とか、なんとなく嫌な感じがするなぁ、という時があるだろ。

それが重要なんだ。

そのなんとなく、が大きな分かれ目なんだ」

そして次のように語る。

「そういう目は効率重視で仕事をしていれば養える。

要はスピードなんだよ。

早く短い時間で仕事をこなす習慣をつけとくと、人と初めて会ったときもその勢いで相手を直感できるんだよ」

なるほど、である。

■ 企画

仲の良い同僚と数人で行う。

  1. 毎日やる作業をいくつかリストアップしてみる。
  2. その作業に何分かかっているか計測してみる。
  3. その分数を一週間で半分にしてみる。

■ 一言の出典

本田宗一郎の実践創造術―「勝つ」組織より「負けない」組織を作る!

» 本田宗一郎の実践創造術―「勝つ」組織より「負けない」組織を作る!

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.