パワーポイントより断然かっこいい『Impress!ve』が気に入った!

SPONSORED LINK

Pocket

imp

マニアックそうだからあとまわしにしていたのですが、ちょっと試してみたらやっぱりすごい!ということがわかったのでご紹介。Pythonベースのスタイリッシュなプレゼンテーションツールです。KeyNoteまではいかないですが、パワーポイント以上のプレゼンができそうですよ。使い方も簡単です。

ざっくり特徴をまとめてみます。

  • PDFをドラッグ&ドロップするだけ
  • Impress!veはプレゼンを作るツールではなくて、かっこよく表示してくれるビューアーです。表示するファイルはPDF。プレゼンを作るソフトはなんでもいいのでPDFに変換してimpressive.exeにドラッグ&ドロップするだけです。

  • 画面遷移がかっこいい!
  • パワーポイントでもがんばれば画面遷移のアニメーションを設定できますが、impress!veではデフォルトでスタイリッシュに画面が切り替わってくれます。これだけでも全然印象が違いますよ。

  • 強調したいところはインタラクティブに!
  • 簡単な操作で強調したいところをハイライト&スポットライトすることができます。あとで詳しく。

  • 全スライド一覧
  • スライド一覧をボタン一発で呼び出すこともできます。「あそこのスライドに戻ってくれます?」といった要求にもスマートに対応できますね。

せっかくなので使い方を簡単にご紹介。

まずはインストールですが、ダウンロードページからWindows版をダウンロードしてZIPを展開しましょう。なにやらいろいろダウンロードされますが、使うのは「impressive.exe」だけと思っておけばいいでしょう。

imp_1
↑ これね。

ためしに同梱されているdemo.pdfをimpressive.exeにドラッグ&ドロップしてみます。

imp_top

↑ じゃーん。クリックで次のスライドにうにょーんと行きます。ESCで終了です。

imp_spot

↑ 注目してもらいたいところにはENTERキーでスポットライトもあてられます。これはマウスと一緒に動いてくれますよ。大きさも変えられます。

imp_highlight

↑ ハイライトも可能。マウスでドラッグするだけ。複数箇所もOK。ハイライトを消したい場合はその場所で右クリックです。

imp_all

↑ TABキーで全スライド一覧へ。好きなスライドにジャンプできますよ。

demo.pdfを見ればだいたい使い方がわかりますし、そもそも直感的な操作ばかりなので迷うことはないかと。なお、日本語のPDFでも試してみましたがまったく問題ありませんでしたよ。次のプレゼンではこれを使ってみたいですね・・・。みなさんもよろしければどうぞ。

» Impressive

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. ここの企業って何で利益をあげてるんでしょうか・・・

  1. No trackbacks yet.