Twitterはビジネスに役立つか?(Namecheapの事例)

SPONSORED LINK

Pocket

name_top

以前「Twitterを使ってDELLが1億売り上げる」を紹介しましたが、ビジネスにTwitterを使えないか、と試行錯誤する企業がちらほら出てきているようです。

その一例としてドメイン登録業者のNamecheapの事例がとりあげられていました。興味のある分野なのでさくっとまとめてみます。

  • Namecheapは70名ほどのLAにある企業。ドメイン登録業者として9年目。マーケティング担当は2人だけ。ほぼ口コミ&SEOのみ。
  • NamecheapのMichelleさんがTwitterを使ったらどうか、と提案。CEOが「じゃ、実験的にやってみたら」と快く許可。
  • MichelleさんはNamecheapのTwitterアカウントを取得、12月にあるコンテストを開催。クリスマスに関するトリビアクイズで、毎時間1問が出されるというもの。TweetLaterを使ってスケジューリングしたとのこと。
  • 参加したい人は@Namecheapをフォローし、返信することで回答。最初の正解者3名にドメインを1年無料プレゼント。
  • その結果、フォローしてくれている人が200名から4000名に増加。12月にはNamecheapのトラフィックが10%増加、ドメイン登録数も20%増加。あわせて行った2月のプロモーションでは30%のトラフィック増。
  • このコンテストはTwitterやブログ上でもとりあげられ、同社サイトのページランクも向上。同社ではこの実験を「成功」とみなし、次なるコンテストも開催する予定。

DELLの一億円にはほど遠いですが、Twitterを集客につなげよう、という動きがちらほら散見されるようになってきましたね。今年は結構注目じゃないですかね。今後もウォッチしていきたいと思います。

» Twitter Drives Traffic, Sales: A Case Study – O’Reilly Radar

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.