300億のボタン

SPONSORED LINK

Pocket

shopping

フォームのデザインをちょっと変えただけで300億($300mですが、まぁ、ざっくりと)も売り上げがあがったよ!というお話。生々しい数値とか出てきて興味深いのでご紹介。

原文はちょっと長いので、要約してポイントだけ。

  • あるショッピングサイトのフォームを変えたら売り上げが伸びた、というお話。そのフォームとはみんながよく知っている、「メールアドレス」「パスワード」「ログイン」「新規登録」「パスワードを忘れた人は」が配置されたもの。
  • ウェブデザイナーたちはそのフォームで何も問題がないと思い込んでいた。
  • そしてユーザビリティコンサルタント登場。実験を開始。被験者にお金を渡して「この商品をこのサイトで買ってね」という指示を与える。
  • すると意外な結果が。
  • まず買い物をしたい人は「新規登録」を嫌がって押さない。「店から変なメールが届くのではないか」と心配するため。また何人かの人は自分が登録したかどうかを忘れているため、とりあえずメアドとパスワードを入れてみるがログインできないのでイライラしはじめる。「新規登録」を押した人でも「何を登録させられるのかわからないから不安」と思いながらクリックしていたことが判明。
  • 新規の人以外もこのフォームに不満を持っていることが判明。ログイン情報を忘れていることが多いため、何度も失敗。パスワードの再発行をしようともするが、登録したメアド自体を覚えていないことも多かった。
  • ちなみにそのショッピングサイトのDBをあとで調べたところ、45%の顧客が複数アカウントを所持、多い人で10個も登録している人がいた。しかもパスワードの再発行は1日に16万件、そのうち75%が結局購入しなかったとのこと。
  • この結果をもとにフォームを改善。
  • 行ったのはシンプル。「新規登録」ボタンを「次へ」ボタンに変えたこと。「次へ」ボタンの下には「購入にあたって登録の必要はありません。ただ、次回からの購入を楽にしたいならチェックアウトの途中で登録することもできます」とメモを添えた。
  • 結果、購入する顧客の数が45%アップ。初月で15億円の売り上げ増。年間で300億の売り上げ増。

たった一つのボタンを変えるだけでこんなにも成果が違うものですねぇ。サイトによってはすでにそうしたインターフェースになっているところもありますが、まだの人は検討してみてもいいかもですよ。

なお、だいぶはしょったので本文はこちらからどうぞ。

» The $300 Million Button

ちなみにこのユーザビリティテストを行ったのはLuke Wroblewskiさんですね。以下のサイトでWeb Form Designという本を販売しています。思わず買っちゃいましたよw。PDFで$19です。

» Rosenfeld Media – Web Form Design Book Site

なお、ユーザビリティ関連はやっぱりビービットさんが最強だと個人的には思います。彼らのブログでも現場の実験から判明した興味深い事実を紹介していますよ。。よろしければ公式サイトをどうぞ。

» ビービット ユーザビリティに特化したウェブコンサルティング

また、同社のこちらの本もはげしくおすすめです。ユーザビリティテストって実際何をやっているのかがよくわかります。

ユーザ中心ウェブサイト戦略 仮説検証アプローチによるユーザビリティサイエンスの実践

» ユーザ中心ウェブサイト戦略 仮説検証アプローチによるユーザビリティサイエンスの実践

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. January 15th, 2009
    Trackback from : Novas2nd 制作日記
  2. January 15th, 2009
  3. January 16th, 2009
  4. January 16th, 2009
  5. January 26th, 2009
  6. February 4th, 2009
  7. February 7th, 2009